トニセン3人芝居の第2弾が今夏上演! V6の作詞手掛けた御徒町凧の新感覚舞台

2019/05/13 04:00 配信

芸能一般

20th Centuryが1年半ぶりに新感覚の舞台を発表

20th Centuryが1年半ぶりに新感覚の舞台を発表

20th Century(トニセン)の坂本昌行、長野博、井ノ原快彦による舞台「TWENTIETH TRIANGLE TOUR(TTT)」の第2弾の上演が決定した。タイトルは「カノトイハナサガモノラ」。

「TWENTIETH TRIANGLE TOUR 」はコンサートやミュージカルとも異なる、音楽と演劇が融合した“新しい舞台のカタチ”を目指して2017年にスタートしたもの。今回は第1弾「戸惑いの惑星」から、1年半ぶりの新作となる。

「カノトイハナサガモノラ」の脚本・演出を手掛けるのは、かねてV6や井ノ原のソロ曲の作詞を手掛けてきた御徒町凧。ライブハウスを想像させるとある空間を舞台に、3人のパーソナリティーが盛り込まれたストーリーが展開される。トニセンの楽曲がメインとなることはもちろん、書き下ろしの新曲も用意されている。

すでに昨年の夏から御徒町とトニセンによるワークショップが繰り返され、舞台上はリアルともバーチャルともつかないような雰囲気になる模様。そこで繰り広げられる会話により、普段の3人をのぞき見るような世界が演出されるという。

坂本は作品の内容について、鑑賞後に“これは芝居かライブか”と不思議な感覚を味わえるものを目指しているといい、「演じる僕たちがお芝居ともフリートークともつかない中間にある面白さをつかめたら、この作品で目指す場所に一歩でも近づけるのではないかと思っています」とコメント。

また、長野は「きっとこの作品は特に僕らをご存知の方にもそうではない方にも、『こういう空気感の3人なんだね』と感じていただけるものになると思います」と語っている。

トニセン3人だけで演じるという環境については、井ノ原は「坂本くん、長野くんとは少年隊のバックのときからずっと一緒なので、そろって芝居をするのは恥ずかしいところもありますが(笑)、トニセン主演の『東京サンダンス』(2000年)のときから、芝居というよりも自然な感覚でやれますし、だからTTTを始めたのだとも思っています」と解説している。

「カノトイハナサガモノラ」は3会場で上演。東京公演は7月27日(土)から、北九州公演は8月30日(金)から、大阪公演は9月7日(土)から予定されている。

坂本・長野・井ノ原のコメント全文 (2/3)

TWENTIETH TRIANGLE TOUR vol.2「カノトイハナサガモノラ」
脚本・演出:御徒町凧
出演:坂本昌行、長野博、井ノ原快彦
公式サイト:www.20th-ttt.com
チケット一斉発売日:2019年6月29日(土)
制作協力:ジャニーズ事務所
主催/企画・製作:東京グローブ座

■東京公演
公演期間/会場:2019年7月27日(土)~8月20日(火)/東京グローブ座
■北九州公演
公演期間/会場:2019年8月30日(金)~9月1日(日)/北九州芸術劇場 大ホール
■大阪公演
公演期間/会場:2019年9月7日(土)~10日(火)/梅田芸術劇場 シアター・ドラマシティ

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!