Official髭男dism「今みたいな曲調をやるバンドになるとは思ってなかった」【新曲「Pretender」ロングインタビュー<前編> 】

2019/05/16 07:00 配信

音楽

最初はもっと幅広く、いろんな曲調がありました

5月15日にメジャー第2弾シングルとなる「Pretender」をリリースしたOfficial髭男dism

映画『コンフィデンスマンJP』の主題歌でもある「Pretender」。同曲の聞きどころの前に、まずはその独特なバンド名の由来から彼らの軌跡を辿ってみたい。

――まず、この変なバンド名について訊いてもいいですか?

藤原聡(以下▼藤原):あははは(笑)。変なって! いきなり随分じゃないですか! 

小笹大輔(以下▼小笹):間違いない! 変ですもんね。素直なご意見だと思います(笑)。

藤原:ご説明しますね。僕が島根大学の学生だった頃の話なんですけど、ベースの楢崎くんが先輩で、ドラムの松浦くんが後輩で。そこで一緒にバンドを始めたわけです。ギターの小笹くんは隣の学校だったんですけど、島根ってそんなにライヴハウスないから、バンドやっていたら自然と顔を合わせるようになるし友達になるんですよ。それで知り合いになって、一緒にバンドをやることになり、現メンバーになったんです。で、問題のバンド名なんですが、楢崎くんがバンド名を考えてたときに、誰だか分からないんですけど髭もじゃのギタリストのポスターを見たらしくて、その瞬間に「Official髭男dism」っていうバンド名が丸ごと降ってきたみたいなんですよね。それで、そのままそれがバンド名になりました!

――それで良かったんですか??

藤原:よか…った。まぁ、良かったですね(笑)。

小笹:うん、良かった良かった(笑)。

――でも、バンド名だけ聞いたら、こういう心地良いロックをやってるバンドだとは思えないですけどね(笑)

小笹:ですね、たしかに。じつは、僕らも今みたいな曲調をやるバンドになるとは最初思ってなかったんですよ。でも、4人で一緒に音を出していくうちに、だんだん今の楽曲スタイルがバンドの個性になっていったんです。最初はもっと幅広く、いろんな曲調がありましたからね。

2012年6月7日に島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、「山陰発ピアノPOPバンド」の異名をもつ

2012年6月7日に島根大学と松江高専の卒業生で結成されており、「山陰発ピアノPOPバンド」の異名をもつ

撮影=カノウリョウマ / ヘアメイク =チチイカツキ

メンバーそれぞれの音楽のルーツは? (2/4)

▼インタビュー[後編]はこちら!
https://thetv.jp/news/detail/190020/

▼Official髭男dism公式ホームページ
https://higedan.com/

映画『コンフィデンスマンJP』主題歌
NEW SINGLE「Pretender」RELEASE!!
初回限定盤(CD+LIVE DVD):¥2,500+税 / 通常盤(CD Only):¥1,000+税
収録曲:M1. Pretender / M2. Amazing / M3. Pretender (Acoustic ver.)
▼特設サイト
https://pretender.ponycanyon.co.jp/

関連番組

関連人物