Official髭男dism「今みたいな曲調をやるバンドになるとは思ってなかった」【新曲「Pretender」ロングインタビュー<前編> 】

2019/05/16 07:00 配信

自分は相手のことを恋人だと思っているかもしれないけど、相手は・・・

――「Pretender(プリテンダー)」とは、偽善者という意味もありますが、この曲に込めた想いとは?

藤原:偽善者というのが悪い意味なのか良い意味なのかは、聴き手に任せたいですね。この曲を作ったのは、もちろん映画のことを考えながらではあったんですが、自分の実体験ではないけど、自分の価値観の中から生まれてきたものではありますね。“分かる〜”って感じが欲しかったというか。映画『コンフィデンスマンJP』が、ストーリー的に詐欺師のお話だったりもするんです。恋愛を使ってうまく騙して行くというか。本当に恋心を抱いたとしても、その恋は成就することはない、結ばれることはないことは分かって詐欺をしていくわけで。騙されているほうは騙されているとは思っていないわけで。そこの脆さたるや。風前の灯というか。自分は相手のことを恋人だと思っているかもしれないけど、相手は詐欺の獲物でしかないわけですからね。その関係性に名前を付けるのは本当に難しいなと。その関係性を周りは何というか分からないけど、ただただ、目の前に居る君は綺麗だってことだけは分かるから。っていう想いなんです。

――心の表情が素晴らしく描かれていますよね。藤原さんが仰るように、“自分の実体験ではないけど、自分の価値観の中から生まれてきたもの”であり、誰もが胸を打たれる表現だなと。

藤原:ありがとうございます!

――“もっと違う出逢い方をしていたら”って思うことって、本当に誰しもが感じたことがある想いでもありますからね。

一同:(深く頷きながら)ありますあります!

藤原:恋愛に限ったことではなく思うときもありますからね。

楢崎:たしかに、全体を通して聴くと恋愛なんだけど、バース バースで切り取って聴くと、もっと大きく人生について当てはめて聴けるのかなとも思うよね。

【後編】「聴いてくれる人の人生に寄り添ってくれたら良いな」に続く

藤原聡(ボーカル&ピアノ)、小笹大輔(ギター)、楢崎誠(ベース&サックス)、松浦匡希(ドラム)の4人で構成されるOfficial髭男dism

藤原聡(ボーカル&ピアノ)、小笹大輔(ギター)、楢崎誠(ベース&サックス)、松浦匡希(ドラム)の4人で構成されるOfficial髭男dism

撮影=カノウリョウマ / ヘアメイク =チチイカツキ

(取材・文=武市尚子)

▼インタビュー[後編]はこちら!
https://thetv.jp/news/detail/190020/

▼Official髭男dism公式ホームページ
https://higedan.com/

映画『コンフィデンスマンJP』主題歌
NEW SINGLE「Pretender」RELEASE!!
初回限定盤(CD+LIVE DVD):¥2,500+税 / 通常盤(CD Only):¥1,000+税
収録曲:M1. Pretender / M2. Amazing / M3. Pretender (Acoustic ver.)
▼特設サイト
https://pretender.ponycanyon.co.jp/

関連番組

関連人物