話題作に次々出演中!清原翔「運命のようなものを感じました(笑)」

2019/05/15 10:00 配信

映画

映画「うちの執事が言うことには」で、花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

映画「うちの執事が言うことには」で、花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

撮影=西村康

雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍する一方、現在放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)で、主人公・なつ(広瀬すず)が育てられた柴田家の長男・照男を演じ注目を集めている清原翔。また、5月17日(金)には、King & Princeの永瀬廉の初主演作で、清原がスマートな執事を演じた映画「うちの執事が言うことには」が公開される。着々と俳優としても活動の場を広げている彼に、役者への思いや今後の目標などをを聞いた。

花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

花穎(永瀬廉)の執事・衣更月を演じる清原翔

(C)2019「うちの執事が言うことには」製作委員会

これまで知らなかった決まり事や動作がいっぱい

――映画「うちの執事が言うことには」では、仏頂面の執事・衣更月(きさらぎ)蒼馬(そうま)という役どころですが、作法など事前に練習などされましたか?

撮影に入る3週間前から、実際に執事をされている方に先生になっていただき、所作からルールまでいろいろ教えていただきました。お辞儀はさまざまな角度があって、それぞれに意味があるなど、これまで知らなかった決まり事や動作がいっぱいでしたね。中でも、動作中に言葉を発してはいけなかったり、サーブする際の食器の音は立ててはいけなかったりするのが大変で…。僕が「執事になれ!」と言われても絶対になれないなって感じました(笑)。

――衣更月が仕えている烏丸(からすま)家の豪華セットも魅力的でした。

ここまでセットで作れるんだと感動しました。エンディングで流れる、蝋で手紙の封をするシーリングスタンプなども、全て烏丸家の紋章で…。調度品一つにしてもすごくこだわって作られていてすごかったです。

あと、烏丸家の外観となった場所は、実は、以前出演させていただいた映画「PRINCE OF LEGEND」でも使わせていただいた場所だったんです。なので、またここに!と驚きましたし、運命のようなものを感じました(笑)。そして作り込まれたセットは、物語の世界に入りやすく、気持ちをつくる上で、すごく助けになってくれました。

映画「うちの執事が言うことには」
5月17日(金)公開
原作=高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫)
監督=久万真路/脚本=青島武/配給=東映
出演=永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince) 
優希美青 神尾楓珠 前原滉 田辺桃子 矢柴俊博 村上淳
原日出子 嶋田久作 吹越満 奥田瑛二

連続テレビ小説「なつぞら」
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか NHK総合ほかで放送


きよはら・しょう=1993年2月2日生まれ、神奈川県出身。O型。雑誌「MEN’S NON-NO」のモデルとして活躍。現在放送中の連続テレビ小説「なつぞら」(NHK総合ほか)では、柴田照男役を熱演。
ドラマの舞台である北海道・十勝帯広エリアの大自然の中で撮り下ろした「清原翔 Visual Book in『なつぞら』」(KADOKAWA)が5月31日に発売される。
未公開カットのポストカード付き【Amazon限定版】はこちらから
【Amazon限定版】清原翔 Visual Book in「なつぞら」購入サイト

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース