若き“いぶし銀俳優”毎熊克哉、水谷豊監督の辣腕に「あれは、まさに神業」

2019/05/17 09:00 配信

映画

毎熊克哉がインタビューに応じた

毎熊克哉がインタビューに応じた

2016年、映画初主演作「ケンとカズ」で第71回毎日映画コンクールスポニチグランプリ新人賞などを受賞し、2018年にも映画「北の桜守」や「万引き家族」に出演。

また、連続テレビ小説「まんぷく」(2018-2019年、NHK総合ほか)の森本元役で注目を浴び、今後の活躍が期待される俳優・毎熊克哉。

そんな毎熊が、公開中の映画「轢き逃げ-最高の最悪な一日-」では、轢き逃げ事件を担当する若手刑事・前田俊を好演している。

本作は、水谷豊監督2作目となる人間ドラマ。ある地方都市で起きた轢き逃げ事件を軸に、さまざまな人間模様が描かれる。

劇中で、同世代の若者が起こした轢き逃げ事件に憤る刑事を熱演している毎熊にインタビューを実施。水谷監督の演出で印象に残っていることや演じる上で心掛けていること。自分にとっての「最高の一日&最悪な一日」にまつわるエピソードなどを語ってもらった。

インタビューへ! (2/4)

映画「轢き逃げ-最高の最悪な一日-」
全国ロードショー中
(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
【HP】http://www.hikinige-movie.com/

<キャスト・スタッフ>
中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉
水谷豊 檀ふみ 岸部一徳
監督・脚本:水谷豊  
音楽:佐藤準
配給:東映

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース