「最果てリストランテ」で映画初出演、真宮葉月&酒井萌衣SPインタビュー

2019/05/16 07:00 配信

映画

「最果てリストランテ」で映画に初出演する真宮葉月(右)と酒井萌衣(左)

「最果てリストランテ」で映画に初出演する真宮葉月(右)と酒井萌衣(左)

5月18日(土)より、K-POPグループ・MYNAMEのジュンQとミュージカルを中心に活躍する俳優・村井良大がW主演を務める映画「最果てリストランテ」が全国公開される。

同作は2018年4月に初演が行われ、2019年冬に再演を果たした同名の“フォトシネマ朗読劇”を、主要キャストを再び起用して映画化したもの。

舞台は、人が三途の川を渡る前、最後の晩餐(ばんさん)を取るために訪れる小さなレストラン。このレストランでは料理の注文ができない代わりに、晩餐の相手を選ぶことができるが、ただし、選べる相手の条件は既に亡くなっている人、1人だけ。そんなレストランの客にふさわしい料理は韓国人のハン(ジュンQ)が作り、日本人の岬(村井)が給仕を担当する。

今回は、本作で映画初出演を果たす2人の女優、真宮葉月と酒井萌衣にインタビュー。初めて挑んだ映画撮影の感想や、共演したジュンQと村井の印象などについて話を聞いた。

「たくさんの愛が見られる映画になっているなって思います」(酒井)

――それぞれご出演は別のシーンでしたが、お会いするのは今日が初めて?

酒井:ごあいさつだけでしたけど、読み合わせのときに一度お会いしています。

真宮:そうですね。

――既に完成した作品はご覧になっているとのことですが、その辺りも踏まえて、お互いの印象を教えていただければと思います。

酒井:私から見た真宮さんは、“きれいなお姉さん”って印象です。ジュンQさんとのシーンがすごくすてきでした。

私の役は(鈴木貴之演じる)兄との関係がメインだったので、また違ったものを真宮さんとジュンQさんの場面で見ることができてよかったなって思います。

真宮:私も完成した酒井さんのシーンを見たんですけど、きょうだい愛がテーマで、温かい気持ちになれるようなシーンでした。実際に私には下のきょうだいがいるので、お兄ちゃん役の立場で見ていたんですけど、すごく愛を感じて、この映画の中でも印象的でした。

――では、本作全体の感想や印象はいかがでしたでしょうか?

酒井:どのシチュエーションにも家族や恋人、友達同士の愛が詰まった作品で、たくさんの愛が見られる映画になっているなって思います。

真宮:“三途の川を渡る前の最後のリストランテ”という設定に、いろんな物語が詰まっていて、死というものは人間にとって重いテーマですけど、思い出や記憶というところに詰まった人間の物語を、見ている人たちが思い出してくれたらいいなって思います。

「村井良大さんからはみなぎるパワーを感じました」(真宮) (2/4)

「最果てリストランテ」
5月18日(土)より池袋シネマ・ロサほか全国で順次公開
出演=ジュンQ(MYNAME)、村井良大、真宮葉月、鈴木貴之、今野杏南、井澤勇貴、酒井萌衣、苅田昇、芳本美代子、山口いづみ、堀田眞三

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!