AKB48・指原莉乃が放送作家に!? 秋元康が新たにプロデュース

2010/12/06 22:30 配信

「インセプション アワード2010」の授与式に登場した(写真左から)横山由依、指原莉乃、秋元康、仁藤萌乃

「インセプション アワード2010」の授与式に登場した(写真左から)横山由依、指原莉乃、秋元康、仁藤萌乃

「インセプション」ブルーレイ&DVD発売を記念して、「インセプション アワード2010」の授与式が12月6日、都内で行なわれ、受賞者の秋元康、ゲストのAKB48の指原莉乃、仁藤萌乃、横山由依が登壇した。

「インセプション アワード2010」とは、企業スパイのドム・コブ(レオナルド・ディカプリオ)が、大企業のトップ・サイトー(渡辺謙)からの依頼を受け、他人の潜在意識に入り込み、ある考えを植えつける究極のミッション挑むというストーリーの映画「インセプション」にちなみ、ことし影響を与え“インセプション(記憶を植え付けた)”人を選出するというもの。

秋元は、受賞した感想を「本当にうれしく思います。話を頂いた時は迷ったんですが…インセプションの宣伝の場に、出てきて賞を頂いてよろこんでいるのはどうかなって思ったんです。でも、僕は、クリストファー・ノーラン監督が大好きで、この作品が素晴らしかったので、宣伝でもいいじゃないか、お役に立てればということでありがたく頂きました」とはにかむ。

会場に花束を持ってお祝いに駆けつけた指原は「秋元先生は、本当に素晴らしい方だと思うんですけども、見抜けていない部分があります! わたしは、秋元先生の夢の中に入って、情報を操作して指原をセンターにするという素晴らしい計画を実行したいなって思ってます。壮大な計画なんですけど…」と、本作に掛けたコメント。だが、すぐに秋元から「この映画をちゃんと見ると、セキュリティーチームっていうのがいて、(そういう行為を)阻止しようとするんですよ。だいたい、あんまりしゃべる人はセンターにいないよ(笑)。昔から、売れるアイドルって、あんまりすごいおしゃべりの人はいないから…」と厳しいお言葉が。さらに、指原の印象について「僕が真顔で薦めているのは、放送作家にならないかって。本当にブログが面白いんですよ。書くことがすごく力があるので、たぶんあと何年かしたら、AKBの裏方として、番組の構成とか…」という秋元の冗談ともつかない発言に、指原は「なんないですよ(笑)。センターになりたいって言ってるのに…」と悲しげな表情を浮かべた。

「インセプション ブルーレイ&DVDセット(3枚組)」
発売中 3980円
ワーナー・ホーム・ビデオ