高橋一生ら“AK男子”が人間ドックへ! 検査着でもイケメンな3人の悩みとは?

2019/05/16 06:30 配信

ドラマ

メガバンク所属の太郎は、ヘッドハンティングを受け転職すべきか、今の地位に就くか悩む

メガバンク所属の太郎は、ヘッドハンティングを受け転職すべきか、今の地位に就くか悩む

5月18日(土)放送の「東京独身男子」(毎週土曜夜11:15-0:05、テレビ朝日系)第5話では、アラフォー独身男性ならではの悩みや問題が太郎(高橋一生)、岩倉(滝藤賢一)、三好(斎藤工)たち“AK男子”に降りかかる。

アラフォーというと転職や独立など、人生の大きな転機に踏み出すにはラストチャンスとも思える時期。

第5話では、太郎が他の企業からヘッドハンティングを受け、その事をきっかけにサラリーマン人生の後半戦を強く意識し始める姿が描かれる。

アラフォー男性たちが悩まされるのは、もちろん仕事だけとは限らない。太郎、三好、岩倉が3人そろって人間ドックを訪れ、40歳前後の自分たちの体に起きているさまざまなな変化や兆候を目の当たりにし、あ然とするという、なんともリアルなシーンが今後は登場していく。

3人の見据える“未来”とは!?

そして、“アラフォー独身”ならではの深刻な問題である、老後についても太郎たちは頭を悩ませる。

未婚男性が、周りの既婚者と自分を比較して、病気になったときの心配をしたり、孤独感を感じたりする将来への不安は本作でも存分につづられ、自分たちの「墓」問題にまで波及する事態に発展する。

「東京独身男子」
毎週土曜夜11:15-0:05
テレビ朝日系にて放送

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース