神尾楓珠 座長・永瀬廉は「演技中とカットがかかった後が全くの別人(笑)」

2019/05/17 18:00 配信

映画

話題の若手俳優・神尾楓珠が、5月17日(金)公開の映画「うちの執事が言うことには」に出演

話題の若手俳優・神尾楓珠が、5月17日(金)公開の映画「うちの執事が言うことには」に出演

King & Princeの永瀬廉が初主演する映画「うちの執事が言うことには」が5月17日(金)に公開される。原作は高里椎奈の同名小説。烏丸(からすま)家の御曹司・花穎(かえい)が、新しい執事・衣更月蒼馬(きさらぎ・そうま)と共に、烏丸家に降りかかる陰謀に立ち向かっていく。

今回は、母親の代理で突然、烏丸家のハウスキーパーとして働くことになった雪倉峻(ゆきくら・しゅん)を演じた神尾楓珠にインタビュー。主演の永瀬ら共演者との思い出や見どころを聞いた。

僕もバディを組めるような人と出会いたい!

――本作はシリーズ累計発行部数110万部を超える大人気ミステリーが原作ですが、原作を読んだ感想を教えてください。

上流階級の生活が描かれるなど華やかなイメージの中で、花穎と執事の衣更月コンビが事件を解決していくミステリー要素もたっぷりあって面白いなと思いました。実際台本を読むとその面白さはそのまま、2人の関係性の変化が時間経過と共にきちんと描かれていて、ミステリーとしてだけではなく成長物語としても楽しめました。

――互いを思い信頼し合ってバディを組んでいた花穎と衣更月ですが、このような2人の関係についていかが思います?

信頼し合っていて羨ましいです! 初めは気持ちの行き違いでギスギスしているところはありますが、それも互いのことを思っているからこそ…。男ってそういうところがありますよね。僕もバディを組めるような人と出会いたい! そしてそういう関係性を描いた作品は憧れます。

――当主の花穎を演じた永瀬廉さんの印象はいかがでしたか?

実は前に一度だけ会ったことがあったんですが、廉は全然覚えていなくて…(笑)。でもそれがきっかけで仲良くなりました。廉は本作が映画初主演ですが、全くそんな感じがしなかったです。みんなとコミュニケーションを上手くとって、座長としてチームを引っ張ってくれました。頼もしかったです。

映画「うちの執事が言うことには」
5月17日(金)公開
原作=高里椎奈「うちの執事が言うことには」(角川文庫)
監督=久万真路/脚本:青島武/
配給=東映
出演=永瀬廉(King & Prince) 清原翔 神宮寺勇太(King & Prince)
優希美青 神尾楓珠 前原滉 田辺桃子 矢柴俊博 村上淳
原日出子 嶋田久作 吹越満 奥田瑛二

かみお・ふうじゅ=1999年1月21日生まれ、東京都出身。O型。「シグナル 長期未解決事件捜査班」(2018年フジテレビ系)、「恋のツキ」(2018年テレビ東京系)、「3年A組-今から皆さんは、人質です-」(2019年日本テレビ系)などに出演し話題に。現在放送中の「都立水商!~令和~」(MBS・TBS系)では今井周役を熱演。出演映画「HiGH&LOW THE WORST」は10月4日公開予定

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース