「オーディションでは水谷監督作品とは知らなかった」中山麻聖が水谷豊監督と作り上げた主人公の“器”<Interview>

2019/05/17 19:30 配信

映画

轢き逃げ犯という難役に挑戦した中山麻聖

轢き逃げ犯という難役に挑戦した中山麻聖

撮影=新妻和久

『相棒』シリーズでおなじみの国民的俳優・水谷豊による長編映画監督作『轢き逃げ 最高の最悪な日』。

結婚式を目前に控えたエリート会社員・宗方秀一は、運転中に若い女性を轢き殺してしまい、思わず現場から逃げてしまう。同乗していた親友、秀一の恋人、被害者の両親、事件を捜査する刑事までを巻き込み、極限のサスペンスと人間ドラマが展開する。

轢き逃げ事件を起こしてしまう主人公の宗方秀一を演じるのが、450人の大規模オーディションから選ばれた中山麻聖だ。

秀一の複雑な心情を演じる上で、中山が水谷監督と作り上げていった主人公像、共演者への思いなどをたっぷりと語ってもらった。

インタビューへ! (2/3)

●Profile
なかやま・ませい='88年12月25日生まれ。東京都出身。B型。『アノソラノアオ』('12)にて映画初主演、『牙狼-GARO- -魔戒ノ花-』('14年)にて連続ドラマ初主演を果たす。現在の公開待機作に『牙狼〈GARO〉-月虹ノ旅人』などがある。

映画「轢き逃げ-最高の最悪な一日-」
全国ロードショー中
(C)2019映画「轢き逃げ」製作委員会
【HP】http://www.hikinige-movie.com/

<キャスト・スタッフ>
中山麻聖 石田法嗣 小林涼子 毎熊克哉
水谷豊 檀ふみ 岸部一徳
監督・脚本:水谷豊  
音楽:佐藤準
配給:東映

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース