「いだてん」2位に大差で視聴熱1位! 森山未來の「天才っぷり」に絶賛の嵐!【視聴熱TOP3】

2019/05/20 18:00 配信

ドラマ

2位と約2倍の差をつけて今週も同曜日1位を獲得した「いだてん」。若き日の志ん生である美濃部孝蔵を演じ、語りも担当する森山未來が、志ん生の2人の息子にも自ら扮し話題に

2位と約2倍の差をつけて今週も同曜日1位を獲得した「いだてん」。若き日の志ん生である美濃部孝蔵を演じ、語りも担当する森山未來が、志ん生の2人の息子にも自ら扮し話題に

webサイト「ザテレビジョン」では、5月19日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」(毎週日曜夜8:00-8:45、NHK総合)14502pt

5月19日に第19回「箱根駅伝」が放送された。

フランスから嘉納(役所広司)に、ストックホルムから8年ぶりにアントワープオリンピックが開催されると書かれた手紙が届く。新しい「箱根駅伝」の構想に力を注ぐ四三(中村勘九郎)だったが、やはりオリンピック開催こそ待ち望んだもの。遠い熊本で離れて子育てに励むスヤ(綾瀬はるか)を訪ね、次こそ金メダルをとって引退し、家族と暮らす約束をする。

アントワープオリンピックの代表選手の選考を兼ねて開催された箱根駅伝の模様を、古今亭志ん生(ビートたけし)、その弟子の五りん(神木隆之介)、今松(荒川良々)、そして志ん生の長男・金原亭馬生(森山未來)、次男・古今亭朝太(森山・二役)が、タスキをつないでリレー形式の落語で語るという演出に。

本作でこれまで若き日の志ん生である美濃部孝蔵を演じ、語りも担当する森山が、本話では志ん生の2人の息子にも扮(ふん)した。

SNSでは「演じ分けるだけでなく、その口舌を見事に再現している!」「シビれた」「こんな森山未來の天才っぷりが見られるなんて」と、絶賛の嵐となった。

田中圭はいい人?それともサイコパス? (2/2)

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆

 
ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連ニュース

画像で見るニュース