<試写室>「白い巨塔」岡田准一の“狂気”に満ちた笑みに戦慄

2019/05/22 07:00 配信

ドラマ

財前五郎を演じる岡田准一

財前五郎を演じる岡田准一

(C)テレビ朝日

山崎豊子の傑作小説を原作に、大阪の大病院で繰り広げられる壮絶な権力争いを描いた岡田准一主演の5夜連続ドラマスペシャル 山崎豊子「白い巨塔」(夜9:00-10:24ほか、テレビ朝日系)が、5月22日(水)よりスタートする。

原作の刊行から50年経った今、物語の設定を2019年に置き換え、岡田演じる浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎が、自身の悲願である“教授の座”を目指してなりふり構わず邁進していく姿を映し出す。

今回WEBサイト「ザテレビジョン」では、第一夜(5月22日[水]放送)を事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介する。

あらすじを紹介!

腹腔鏡手術のスペシャリストとして医学界に名をはせる、浪速大学医学部第一外科・准教授の財前五郎(岡田准一)。たくましい体と精悍(せいかん)な顔つきに加え気さくな人柄は、付属大学の学生や医局員たちに慕われ、浪速大学のスター准教授として君臨していた。

ある夜、浪速大学・滝村名誉教授(小林稔侍)の喜寿を祝うパーティーのさなか、“スペ患”である近畿新聞会長・山田音市(本田博太郎)の容態が急変。膵(すい)がんを患う山田は、執刀医に財前を指名する。本来、山田は第一外科・東貞蔵教授(寺尾聰)の“スペ患”。上司である東を差し置いて自分が執刀するわけには…とためらいを見せる財前だったが、心の中では期せずして舞い込んだチャンスにほくそ笑んでいた。

手術は無事成功し、財前には山田から高級ワインと数百万の現金が贈られる。財前によって自分の“スペ患”が救われたことに、表面上では平静を装いながらも、東はその事実を苦々しく受け止めているのだった。

そんな中、浪速大学医学部では東の退官に伴う教授選挙が近づいていた。「君を次期教授に推薦しようと思う」そう恩着せがましく財前にささやく東だったが、その実、腹の内では財前ではない人物を、と考え始めていた。

その矢先、同期である第一内科・准教授の里見脩二(松山ケンイチ)から胃がん再発患者のカルテを見せられる。財前の診断では、原発巣は胃ではなく膵臓(すいぞう)。再発は誤診断である、と指摘するが、その診断を下したのが、浪速大学医学部長の鵜飼裕次(松重豊)だと分かった途端、翻意する。

教授選に備え、上層部に盾突くようなことは避けようとする財前を、里見は非難する。やがて、東が財前以外の人物を教授選候補に擁立することが判明。財前は、義父である財前又一(小林薫)の財力と政治力を最大限に生かし、浪速大学医学部第一外科教授という悲願に向けてさまざまな工作を開始する。

レビューはこちら! (2/4)

テレビ朝日開局60周年記念 5夜連続ドラマスぺシャル
山崎豊子「白い巨塔」
5月22日(水)~26日(日)夜9:00-10:24ほか
テレビ朝日系にて放送
原作=山崎豊子
脚本=羽原大介、本村拓哉、小円真
監督=鶴橋康夫、常廣丈太
出演=岡田准一、松山ケンイチ、沢尻エリカ、夏帆、満島真之介、飯豊まりえ、徳永えり、八嶋智人、椎名桔平、斎藤工、山崎育三郎、向井康二、柳葉敏郎、岸本加世子、高島礼子、市川実日子、美村里江、浅田美代子、市毛良枝、岸部一徳、松重豊、小林薫、寺尾聰ほか

◆【ジャニーズ番組まとめ】はコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース