<試写室>「科捜研の女」“マウンティング女子”がマリコに暴言

2019/05/23 09:15 配信

ドラマ

「あれ?今の発言ってマウンティングだった?」

こんな女子は嫌だと女性誌などで突如として現れ、浸透していったワード“マウンティング女子”。種類はさまざまあるが、意味はそのまま、人より少しでも上に自分を置きたがる女性を世間ではそう呼ぶ。“マウンティング女子”だと思われたくなくて、発言一つとっても気にしてしまうことに正直疲れてきたし、「もう“マウンティング女子”なんてなくなればいいのに」とさえ思ってきた今日この頃。

「科捜研の女」第6話は5月23日(木)放送!

「科捜研の女」第6話は5月23日(木)放送!

(C)テレビ朝日

そんな筆者の悩みを吹き飛ばすかのように、清々しさを感じるほどの恐ろしいマウンティングをする女性が、5月23日(木)に放送される「科捜研の女19」(毎週木曜夜8:00-8:54、テレビ朝日系)の第6話で登場し、マリコ(沢口靖子)と全面的に対立する。

今回WEBサイト「ザテレビジョン」では、完成DVDを事前に視聴。オリジナルレビューで番組の魅力を紹介する。

第6話のあらすじ

京都市内で資産家の男性が死体で発見され、捜査をするマリコ(沢口靖子)らは死因が病死または薬物ではないかと考える。被害者の妻・聡美(鶴田真由)は過去3回、資産家の高齢男性と結婚し、いずれの夫も不審死を遂げたという疑惑の女だった。

4年前、スーパーマーケットチェーンの経営者だった前夫が謎の死を遂げ、莫大(ばくだい)な遺産を相続したときは連日のようにワイドショーで取り上げられていた。

聡美によると、男性が死亡した日は故郷の横浜に戻っており、翌日の午後に帰宅したところ、男性はすでに絶命していたという。

マリコたちの鑑定の結果、遺体の血中から毒物は見当たらなかったが、風丘早月(若村麻由美)が見つけた頭部の皮下出血、つまりたんこぶの中の“凝血”から睡眠薬の成分が検出され、一転、毒殺事件であることが明らかになる。

そんな中、10年前に留蔵と離婚した前妻・森弘子(姿晴香)が、死亡推定時刻に男性の元を訪ねていた事実が浮上!しかし、聡美への疑惑を払拭(ふっしょく)できないマリコは、彼女の過去の夫たちの死を調べなおすことに…。

そんなマリコに、聡美は「不幸な女」「あなたはブスね」と暴言を放ち、敵意をむき出しにする。果たして彼女の過去3回の結婚相手の不審死は、彼女の犯行によるものなのか? マリコが最新科学で“後妻業の女”の真相を暴くというのが第6話のストーリーだ。

独断と偏見のレビュー! (2/2)

木曜ミステリー「科捜研の女」
毎週木曜夜8:00-8:54
テレビ朝日系にて放送

Twitter「科捜研の女(をみる女)」
@kasouken_women

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物