玉森裕太、“親友”染谷将太のクランクアップに「すごく寂しい、やっていけるかな…」

2019/05/24 12:00 配信

映画

玉森裕太と染谷将太が、映画「パラレルワールド・ラブストーリー」で“中学生以来の親友”を演じる

玉森裕太と染谷将太が、映画「パラレルワールド・ラブストーリー」で“中学生以来の親友”を演じる

(C)2019「パラレルワールド・ラブストーリー」製作委員会 (C)東野圭吾/講談社

玉森裕太が主演を務める映画「パラレルワールド・ラブストーリー」が、5月31日(金)に公開される。

本作で“中学生以来の親友”を演じる玉森と染谷将太の、リアルな親友としての距離感について森義隆監督が言及した。

映像化不可能と言われ続けてきた傑作ミステリーが映画化!

「パラレルワールド・ラブストーリー」は、累計発行部数150万部を超える東野圭吾のベストセラー小説。映像化不可能と言われ続けてきた傑作ミステリーが、このたび映画化される。

公開に先立ち、4月16日には完成披露試写会が開催され、一足先に作品を見た人からは「満足度 95.6点」「謎解きが楽しかった! 96.1%」「もう一回見たい! 97.6%」といった高評価に。

“中学生以来の親友”を演じる玉森&染谷

玉森演じる崇史は、スポーツ万能でおまけに容姿端麗、学年一の人気者だった。一方、染谷演じる智彦は足が悪く、子供のころから友達が少ない、内気な性格。

同じ学校にいても絶対に交わらなさそうなタイプだが、彼らは2人とも同級生より明晰(めいせき)な頭脳を持つがゆえに意気投合する。その後、同じ会社に務めるまで深い友情で結ばれている。

そんな2人が、吉岡里帆演じる麻由子という同じ女性を愛してしまう。そして崇史は、目を覚ますたびに自分が麻由子と幸せな生活を送っている世界と、麻由子が智彦の恋人として存在する2つの世界に迷い込む。

果たして、彼は真実にたどり着けるのか?

撮影中の玉森、染谷の様子は? (2/2)

映画「パラレルワールド・ラブストーリー」
5月31日(金)全国ロードショー

<スタッフ>
原作:東野圭吾「パラレルワールド・ラブストーリー」(講談社文庫)
監督:森義隆 脚本:一雫ライオン 音楽:安川午朗
主題歌:「嫉妬されるべき人生」宇多田ヒカル(Epic Records Japan)
企画・配給:松竹

<キャスト>
玉森裕太、吉岡里帆、染谷将太、筒井道隆
美村里江、清水尋也、水間ロン、石田ニコル、田口トモロヲ

◆ジャニーズ番組まとめはコチラ◆

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース