挑み続ける福士蒼汰は“イケメン俳優枠”でくくられる存在ではない<ザテレビジョン シネマ部コラム>

2019/05/31 06:00 配信

映画

【写真を見る】完成度高い!  髪をオレンジに染めて実写版「BLEACH」の主演を務めた福士蒼汰

【写真を見る】完成度高い! 髪をオレンジに染めて実写版「BLEACH」の主演を務めた福士蒼汰

(c)久保帯人/集英社 (c)2018 映画「BLEACH」製作委員会

若手俳優の登竜門といえば、仮面ライダーor 戦隊ヒーローに朝ドラ。2011年に俳優デビューした福士蒼汰は、同年「仮面ライダーフォーゼ」でのリーゼント・ヘアの主人公役で強烈な印象を残し、NHKの連続テレビ小説『あまちゃん』(‘13)でヒロインが恋する先輩役を演じて一躍全国区に。その後も映画『図書館戦争』シリーズ(‘13、‘15)や、『好きっていいなよ。』(‘14)&『ストロボ・エッジ』(‘15)といった少女漫画原作映画でヒロインの相手役を演じ、多くの女性ファンの心をつかんだ。‘15年には月9ドラマ「恋仲」に主演。名実ともにトップスターの仲間入りを果たした。

甘く爽やかなイケメンぶりがまず話題に上る福士だが、‘17年公開の映画『ちょっと今から仕事やめてくる』では、ブラック企業に勤める主人公の前に突如現れる、幼なじみを名乗る関西弁の陽気な男(実はワケあり)という難役を好演。『無限の住人』(‘17)では木村拓哉演じる主人公の敵役として殺陣にも挑み、新境地を開拓。さらに劇団☆新感線の「髑髏城の七人」(‘17~‘18上演)では初舞台で初主演するなど、近年、その攻めの姿勢は際立っている。6月にWOWOWで放送される3本の映画も、福士のチャレンジングな面が表れたものだ。

『曇天に笑う』

『曇天に笑う』

(C)2018 映画 「曇天に笑う」 製作委員会 (C)唐々煙/マッグガーデン

人気コミックを実写映画化した『曇天に笑う』(‘18)は、「踊る大捜査線」シリーズの本広克行監督と組んだアクション。明治初期を舞台に、破壊神“オロチ”の復活を封じようとする曇(くもう)三兄弟の長男、天火役を豪快に演じている。古川雄輝、桐山漣らイケメン俳優らを向こうに回しての暴れっぷりは痛快だ。

ド派手なバトルを楽しませてくれる『BLEACH』 (2/2)

[放送情報]

ラプラスの魔女
WOWOWシネマ 5/31(金)深夜3:30
WOWOWプライム 6/29(土)よる6:00
WOWOWシネマ 7/27(土)午前10:00

曇天に笑う
WOWOWシネマ 6/8(土)深夜3:40
WOWOWシネマ 7/4(木)午後5:00

BLEACH
WOWOWシネマ 6/16(日)午後5:10
WOWOWシネマ 6/29(土)午後0:15
WOWOWライブ 7/12(金)よる6:55
WOWOWプライム 7/20(土)深夜3:10
WOWOWシネマ 7/26(金)よる7:00