SKE48・内山命、“いつでもどこでも命懸け”で走り抜けた芸能活動に幕

2019/05/31 16:10 配信

芸能一般

SKE48の2期生・内山命の卒業公演が行われた

SKE48の2期生・内山命の卒業公演が行われた

(C)SKE

5月30日、名古屋・栄にあるSKE48劇場で、SKE48・チームKIIが「最終ベルが鳴る」公演を上演。2期生・内山命が最後の劇場公演出演を迎えた。

公演中にはメンバーが内山にまつわるエピソードトークを披露。斉藤真木子は寂しがり屋で、内山が泊まりに来るといつも一緒に風呂に入っていることや、青木詩織は内山にお酒の飲み方を教えてもらった結果、オーディション当時から10kg太ってしまったことなどが明かされた。

また、「ココが好きだよ、命ちゃーん!」のトークテーマでは、白井琴望が転びそうになったときに肩を貸してもらった話や、倉島杏実が周りの後輩に内山のファンが多くで、彼女たちが「かわいい!」と内山を遠巻きに見ている様子などを語った。

「最終ベルが鳴る」のセットリストが終わると、再びアンコールが掛かり、公演は内山の卒業ブロックへ。

2018年の「世界選抜総選挙」で42位を獲得し、“ネクストガールズ”として歌った「友達じゃないか」を、同ユニットで一緒だった江籠裕奈と共に披露。MVでは江籠は男性役だったが、今回は内山のオーダーでかわいらしいワンピース衣装が用意されたという。

さらに、続いてはその「世界選抜総選挙」の前年、惜しくも楽曲が与えられる80位以内に入れなかったSKE48のメンバー(内山は81位)で歌った楽曲「ぼっちでスキップ」を青木、日高優月、斉藤の4人でパフォーマンス。

その後、内山の軌跡をたどる映像が流れ、黒のドレスに着替えた内山がステージに再登場すると、同期の高柳明音、斉藤と、同じ三重県出身の後輩・井田玲音名から内山に手紙が贈られた。

すると、メッセージを受け取った内山も、あいさつとして手紙を朗読。中学2年生から活動を始めたSKE48としての10年間を振り返り、ファンへの感謝の気持ちを述べた。

そして、最後は笑顔で終わりたいと、加入して初めて歌唱メンバーに選ばれた「羽豆岬」を全員で披露。笑顔で「さよならは言いません」と黄色いマイクをステージに置き、最後のステージを後にした。

内山命の手紙の内容(こと) (2/2)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

キーワード