斎藤工、永野らの映画「MANRIKI」が世界初公開!『魔物を生み出してしまった、しかし天使でもある』

2019/06/09 09:01 配信

映画

“チーム万力”の長編映画「MANRIKI」が「SSFF & ASIA 2019」で世界初公開され、トークショーが行われた

“チーム万力”の長編映画「MANRIKI」が「SSFF & ASIA 2019」で世界初公開され、トークショーが行われた

(C)2019 MANRIKI Film Partners

斎藤工や永野、金子ノブアキ、映像クリエーター・清水康彦氏による映像制作プロジェクトチーム“チーム万力”の長編映画「MANRIKI」をショートバージョンに再編集した特別版が6月8日、東京・表参道ヒルズのスペースオーで開催された「SSFF & ASIA 2019(ショートショート フィルムフェスティバル & アジア 2019)」で世界初公開。

トークイベントも行われ、キャストの斎藤、永野、金子、DOBERMAN INFINITY・SWAY、そして清水監督が登壇し、“チーム万力”の絆や撮影の裏側などについて語った。

圧倒的なエネルギーで作られた“チーム万力”の意欲作

チーム万力の長編映画「MANRIKI」は、「ファッションイベントにゲスト出演したときに、感じた違和感から着想した」という永野の原案・原作に、斎藤工、監督・清水のクリエーティブエッセンスが詰め込まれた作品。

主演は斎藤が務め、その他のキャストには永野、金子、SWAY、小池樹里杏、神野三鈴らが名を連ねている。

さらに、金子が担当した劇中音楽と、清水監督の独創的な映像で、常識的観念にとらわれず自由なクリエーティブを実現した意欲作。「世界中の方々に楽しんでいただきたい!」という、圧倒的なエネルギーで作られた本作は、11月29日(金)の日本公開が決定している。

最新ショートフィルム「DEATH BIKE」も上映

そして、2018年の「ショートショート フィルムフェスティバル」で長編の制作が発表された本作が、1年の時を経て、満を持しての公開に。

イベントの冒頭には、“チーム万力”の最新ショートフィルム「DEATH BIKE」を上映。チーム万力の色が全開で、SWAYの作品の世界観にバッチリとハマった内容に、集まった観客は吸い込まれるように鑑賞していた。

上映後、斎藤(齊藤工名義で企画・プロデュース)、永野(原案・脚本)、メインキャストのSWAY、清水監督が登壇すると、観客から大きな歓声が。

MCからチーム万力の結成理由と「DEATH BIKE」の制作経緯を聞かれた永野は「去年の6月にお笑いのライブでやったネタなんですけど、そこに来ていた監督から『ぜひ映像にしましょう』と言っていただき、『DEATH BIKE』と命名いただいた上で実現しました」とコメント。

SWAYは「自分はセリフがなく、台本だと上裸でバイクにまたがってエンジンを吹かしている、というのを見て、撮影日めがけて体づくりだけしていきました。でも、現場に着いたら黒のタンクトップが用意されていて、そのタンクトップにはイラッとしましたね(笑)」と笑いを交えながら、自身の役作りに対して語る。

撮影について、監督は「朝に現場に入って、夕方4時には終わったので、6時間ぐらいで終わりました(笑)」と明かし、SWAYは「1日の撮影で、このクオリティーができるんだ!と驚きましたし、もっとショートフィルムをやりたいと思いました」と満足そうに語った。

長編映画「MANRIKI」のショートバージョンを世界初公開 (2/2)

“チーム万力”長編映画「MANRIKI」
2019年11月29日(金)東京・シネマート新宿ほか、全国順次公開

<スタッフ>
企画・プロデュース:齊藤工 永野
原作・脚本:永野 音楽監督:金子ノブアキ
監督・脚本・編集:清水康彦
制作プロダクション:イースト・ファクトリー
共同配給:HIGH BROW CINEMA 東映ビデオ

<キャスト>
斎藤工 永野 金子ノブアキ SWAY
小池樹里杏 神野三鈴ほか

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース