ダンス番組が2部門を受賞!「衛星放送協会オリジナル番組アワード」最優秀賞が決定

2019/06/11 15:40 配信

芸能一般

吉岡忍オリジナル番組アワード審査員長

吉岡忍オリジナル番組アワード審査員長

ミニ番組部門最優秀賞には「おっぱいチェック体操」(チャンネル銀河/女性チャンネル♪LaLa TV/ムービープラス)が輝いた。「乳がん罹患率の高い世代の女子プロレスラーの方々に参加していただくことで、視聴者ターゲットを明確にしつつ、すごくおしゃれに作られている」(吉岡氏)ことが評価された。

編成企画部門最優秀賞には「家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来 関連編成」(NHK BSプレミアム)。吉岡氏いわく、「“ペットにやさしくない社会は人間にもやさしくない”ということが伝わってくる。改めて、街を歩き、現場を知ることの大切さも感じた」という作品だ。

ほか、ドラマ部門は「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」(WOWOWプライム)、ドキュメンタリー部門は「BS1スペシャル ボルトとダシャ マンホールチルドレン 20年の軌跡」(NHK BS1)、バラエティ部門は「Why?強くなった?卓球ニッポン」(NHK BS1)、アニメ部門「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」(BSスカパー!/アニマックス)が受賞。

また、惜しくも最優秀賞は逃した作品として「小河ドラマ 竜馬がくる」(時代劇専門チャンネル)が審査員特別賞を受賞した。

新設された番宣部門初の最優秀賞を受賞したのは「特集:ランボー吹替 全5種」(ムービープラス)。人気アクション映画『ランボー』の吹替え版のうち、同じシーンの吹替え5種類を連続して見せるというユニークな企画。

また初のCAB-J賞は、「東北6県へのインバウンド施策」(ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ/東日本旅客鉄道株式会社)が受賞した。

7月17日(水)の授賞式では、これらの最優秀賞の中から大賞が発表される。なお、今年は式の模様をBSスカパー!とJ:COMで無料放送することが決定。森本氏と吉岡氏によると「授賞式にはゲストも呼ぶ予定」とのこと。

「第9回衛星放送協会オリジナル番組アワード」
【番組部門 最優秀賞】
■ドラマ
「連続ドラマW パンドラⅣ AI戦争」(WOWOWプライム)
■ドキュメンタリー
「BS1スペシャル ボルトとダシャ マンホールチルドレン 20年の軌跡」(NHK BS1)
■中継
「エビバテ!ダンススタジアム~日本高校ダンス部選手権 冬のバトルトーナメント~」(スカイA)
■教養
「ドキュメンタリー ~The REAL~ ブレイクダンス ユースオリンピック 新競技誕生の瞬間」(J SPORTS 3)
■バラエティ
「Why?強くなった?卓球ニッポン」(NHK BS1)
■アニメ
「ムヒョとロージーの魔法律相談事務所」(BSスカパー!/アニマックス)
■ミニ番組
「おっぱいチェック体操」(チャンネル銀河/女性チャンネル♪LaLa TV/ムービープラス)

【編成企画部門 最優秀賞】
「家族になろうよ 犬と猫と私たちの未来 関連編成」(NHK BSプレミアム)

【審査員特別賞】
「小河ドラマ 竜馬がくる」(時代劇専門チャンネル)

【番宣部門 最優秀賞】
「特集:ランボー吹替 全5種」(ムービープラス)

【CAB-J賞】
「東北6県へのインバウンド施策」(ヒストリーチャンネル 日本・世界の歴史&エンタメ/東日本旅客鉄道株式会社)

画像で見るニュース