<パーフェクトワールド>松坂桃李「周りでなく“個々が思う幸せ”が大事」“樹”への思い語る

2019/06/11 17:15 配信

ドラマ

「パーフェクトワールド」第8話より (C)カンテレ

「パーフェクトワールド」第8話より (C)カンテレ

松坂桃李が主演を、山本美月がヒロインを務めるドラマ「パーフェクトワールド」(毎週火曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)。本日6月11日(火)の第8話放送を前に、松坂が同作や演じる“樹”について語った。

「パーフェクトワールド」は「Kiss」(講談社)に連載中の有賀リエの漫画が原作。車椅子に乗った建築士・鮎川樹(松坂)が、高校の同級生・川奈つぐみ(山本)と再会し、心を通わせていく中で樹の生き方が変化していくラブストーリー。

つぐみに思いを寄せる幼なじみ・是枝洋貴を瀬戸康史が、樹の訪問介護ヘルパー・長沢葵を中村ゆりが、樹の同僚・渡辺晴人を松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)が演じる。

「地震が起きたときに“生きたい”って思えたのは」 (2/5)

「パーフェクトワールド」
毎週火曜夜9:00-9:54
フジテレビ系にて放送

出演=松坂桃李、山本美月、瀬戸康史、中村ゆり、松村北斗(SixTONES/ジャニーズJr.)、岡崎紗絵、池岡亮介、高島豪志、木村祐一、水沢エレナ、堀内敬子、とよた真帆、麻生祐未、松重豊
                       
原作=有賀リエ
脚本=中谷まゆみ
音楽=菅野祐悟 
演出=三宅喜重

◆2019年春ドラマまとめはコチラ◆