“優等生”桜井日奈子が“不良少女”に! ドラマ「ヤヌスの鏡」で2役を演じ切る

2019/06/14 07:00 配信

ドラマ

34年ぶりに映像化される「ヤヌスの鏡」で、桜井日奈子が主人公・小沢裕美を演じる

34年ぶりに映像化される「ヤヌスの鏡」で、桜井日奈子が主人公・小沢裕美を演じる

(C)宮脇明子/集英社 フジテレビ

「ヤヌスの鏡」が34年ぶりに映像化されることが決定。連続ドラマとして、8月からFODで配信がスタートする。その主人公・小沢裕美(ヒロミ・ユミ)役に桜井日奈子が決まり、役どころなどについて語った。

あの名作がよみがえる!

「ヤヌスの鏡」は、1981年~1982年に「週刊セブンティーン」(集英社)で連載された宮脇明子の人気漫画。厳格な家庭に育つ優等生の高校生・小沢裕美がある時、厳しい祖母に閉じ込められた納戸の中で、鏡台を見つけたことをきっかけに“ユミ”という全く別の人格を持った不良少女に変貌してしまう姿を描く。

1985年にはフジテレビでドラマ化。「古代ローマの神・ヤヌスは、物事の内と外を同時に見ることができたという。この物語は、ヤヌスにもう1つの心をのぞかれてしまった少女の壮大なロマンである。もし、あなたに、もう1つ顔があったら…」という印象的なナレーションなど、大きな話題となった。

桜井日奈子が新たな挑戦!

主人公・小沢裕美役の桜井は、2019年に入ってドラマ「僕の初恋をキミに捧ぐ」(テレビ朝日系)や「みかづき」(NHK総合)が放送され、さらに主演映画「殺さない彼と死なない彼女」(今秋公開)、「任侠学園」(9月27日[金]公開)、コントライブ「内村文化祭'19三茶」(8月28日[水]~29日[木])などを控えている。

本作では、“おとなしい優等生・ヒロミ”と“夜の繁華街に現れる不良少女・ユミ”という、正反対の人格を演じ分ける難しい役どころに挑戦。ヒロミとユミの切り替え、表情、所作、言い回しなど変貌する姿や表現力に注目だ。

また、これまで桜井が演じてきた役柄は優等生のヒロミに近いものが多く、ユミのような不良役やアクションシーンなど新たな挑戦も見ることができる。

桜井日奈子が役どころを紹介 (2/2)

FODオリジナル連続ドラマ「ヤヌスの鏡」
8月配信開始予定 FOD

<スタッフ>
原作:宮脇明子「ヤヌスの鏡」(集英社文庫<コミック版>)
脚本:阿相クミコ 青木江梨花 音楽:手島いさむ(Line Drive Record)
企画・プロデュース:清水一幸 プロデューサー:郷田悠(FCC)
演出:水田成英(FCC) 佐藤さやか おおはたしんじ

<キャスト>
桜井日奈子ほか

◆2019年夏ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース