吉田鋼太郎、“息子”坂口健太郎への要望は「一緒にトレーニングに…」

2019/06/16 17:00 配信

「このお話をいただいて一番最初に頭に浮かんだのは(ドラマ版を演じた)大杉漣さんのことでしたね」
「このお話をいただいて一番最初に頭に浮かんだのは(ドラマ版を演じた)大杉漣さんのことでしたね」撮影=玉井美世子


書籍、ドラマ化もされた累計アクセス数1000万越えの人気ブログを映画化した「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」(6月21日・金公開)。ずっとすれ違っていた父親と息子がオンラインゲームを通じて絆を取り戻していく実話を基にした本作で、坂口健太郎とW主演を務めた吉田鋼太郎は、一緒に冒険を繰り広げているゲーム仲間が自分の息子とは知らずに「ファイナルファンタジー」の世界にハマっていく父親・暁を演じた。

「ファイナルファンタジーXIV」を通じて、父親(吉田鋼太郎)との距離を縮めようと奮闘するアキオ(坂口健太郎)
「ファイナルファンタジーXIV」を通じて、父親(吉田鋼太郎)との距離を縮めようと奮闘するアキオ(坂口健太郎)(C)2019「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」製作委員会


芝居に対する集中力がものすごい


――映画に出演が決まったときの感想を教えてください。

暁はドラマ版では大杉漣さんが演じられていた役なので、それを引き継ぐことへのプレッシャーがありました。でも、せっかくやらせていただくからには、大杉さんにも喜んでいただけるようなものにしないといけないと思い、頑張らねばと気合が入りました。なので、このお話をいただいて一番最初に頭に浮かんだのは大杉さんのことでしたね。

――脚本を読まれての感想は?

ゲームの世界と現実世界が両輪で成立するというのが、実感としてよく分かりませんでした。それを理解するまでが大変でしたが、撮影を重ねていくうちにだんだん分かり始めてきて、これは今までにやったことのない脚本だなと。僕らが頑張っていいお芝居をすれば、すごく面白いものになるのではないかと思いました。

――吉田さんは父親の暁を演じるだけでなく、お父さんがゲームの中で使っているインディというキャラクターの声も担当されていますね。家族の前では口下手で仏頂面のお父さんがゲームの中ではイケメンキャラというギャップが面白かったです。

ちょっと素人っぽい感じでね。他のゲームキャラはプロの声優さんが演じられているので、その中でちょっと浮いている感じもかわいいですよね。

――素人っぽくというのは、あえてそうされたのでしょうか?

いやいや、声優さんのお仕事は本当に難しいので、玄人っぽくなんてできないですよ。でも、インディを動かしているのはゲーム素人の暁なので、急にインディの声だけうまいはおかしいし、完全にお父さんでやってしまってもダメなので、一生懸命にインディになろうとしているお父さん、というさじ加減でやりました。なるべくカッコよくやろうとはしているんだけど、カッコよくなりきれてない感じというか。

「劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん」
6月21日(金)公開
配給:ギャガ
出演=坂口健太郎、吉田鋼太郎、佐久間結由衣、山本舞香、和田正人、山田純大/佐藤隆太、財前直見ほか

関連番組

関連人物