DISH//・矢部昌暉「やるたびに舞台が好きになっていて…今、本当に幸せです」

2019/06/28 10:00 配信

7月24日から開幕する舞台「劇団アニメ座 ハイブリッド」に出演することが決定した矢部昌暉。10代の頃から舞台の仕事に憧れを持っていた彼だが、ここ最近はコンスタントに舞台作品への出演が続いている。そんな現状を「本当に幸せ」と笑顔で話す彼に、経験を重ねる中で感じている手応えや新たな課題、そして今作への意気込みを語ってもらった。

今年の目標は「スタートダッシュ」だそう

今年の目標は「スタートダッシュ」だそう

撮影=諸井純二

どうなるんだろう?というドキドキと、芸人さんとご一緒できるワクワクでいっぱいです

――吉本のアニメキャラ芸人と舞台俳優が同じ舞台上で演じるスタイルが話題の劇団アニメ座の作品ですが、第3弾となる今作で矢部さんが演じる役どころは?

矢部:それが……僕もまだちょっと分かりません(笑)(※取材時)。分かってるのは、僕の衣装は和装っていうことくらい(笑)。でも、すごくワクワクしています! これまでの作品は僕も見させていただいて。芸人さんたちが扮するアニメのキャラクターと俳優陣のタッグというのは変わらないので、今回もその2つがどんなふうにマッチしていくのかっていうのは楽しみですね。

――わからないことに対する不安はない?

矢部:あまりないです。本番で予想外のことが来たら対応できるかなっていう怖さは、正直ありますけど、今はどちらかと言うとドキドキ、ワクワクの方が大きいです。どうなるんだろう?っていうドキドキと、純粋に、芸人さんとご一緒できるワクワク。絶対楽しいものになると思うので。

――今回の共演者の中で、会ってみたかった方とかいらっしゃるんですか?

矢部:え〜、もう、皆さんです。特に芸人の皆さんはテレビのモノマネ番組で見てる方々ばかりなので、そういう方を間近で見られるっていうのは個人的にすごくうれしいですし。あ、でも、今回、長江崚行くんは、昔「天才てれびくんMAX」で一緒だったんですけど、それ以来ぶりに共演するんです。当時一番仲良かったメンバーで、その後もずっと連絡を取り合ってたんです。お互い舞台をやっているので、いつか舞台で共演できたらいいねって話をしてたんですけど……。まさかこのタイミングで来るとは!って(笑)。

――でも、気心の知れた仲間がいるのは心強いですね。

矢部:そうですね。キャストやスタッフの皆さんとの距離を縮めるのは相変わらずあまり得意じゃないんですけど(苦笑)、今回はすごくフレンドリーな長江くんがいるので、彼について行こうと思ってます(笑)。

台詞覚えは早い方? (2/3)

「劇団アニメ座ハイブリッド」第3弾 ~ サブタイトル(仮)~
公演日程=7月24日(水)~7月28日(日)
劇場=CBGKシブゲキ!!
やべ・まさき=1998年1月9日生まれ、東京都出身。DISH//のメンバーとしても活躍。DISH//史上最大の野外ライブ「Junkfoof Attraction」を山梨県富士急ハイランド・コニファーフォレストにて開催する

関連人物