タブレット純に青春歌謡とGSの魅力を聞く「永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ 」

2019/07/10 14:26 配信

音楽

第2弾は「青春ポップスとグループサウンズ」をテーマに公演

第2弾は「青春ポップスとグループサウンズ」をテーマに公演

7月19日(金)、埼玉・サンシティ越谷市民ホール・大ホールで「永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ ~青春ポップスとグループサウンズ~」が開催される。

「永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ」シリーズの第2弾。今回は、あおい輝彦、今陽子、辺見マリ、真木ひでと、タブレット純が出演し、「青春ポップスとグループサウンズ」をテーマに自身の持ち歌ヒット曲と、青春歌謡&グループサウンズ(GS)の名曲をたっぷりと聴かせる。司会はFM NACK5に番組を持つ、ラジオパーソナリティーの黒田治が務める。

公演開催を前に、出演アーティストたちが歌謡史に残した足跡をたどってみよう。

出演アーティストの足跡をたどる

アイドルグループ・ジャニーズで活躍後、ソロデビューを果たしたあおい輝彦。1971年の2ndシングル「二人の世界」は、自身も出演したTBSドラマ「二人の世界」(1970-1971年)の主題歌で、ドラマの脚本担当・山田太一が作詞。さわやかなイメージの同曲は大ヒットした。

1976年にはガロ・大野真澄作詞の「あなただけを」が大ヒットし、「第27回NHK紅白歌合戦」にも出場。「Hi‐Hi‐Hi」「センチメンタルカーニバル」などたくさんのヒット曲を持つ。今回ステージで披露する予定の「太陽のあいつ」は、ジャニーズ時代のナンバーだ。

あおい輝彦

あおい輝彦

今陽子は、16歳の時にピンキーとキラーズを結成、ボーカリスト・ピンキーとして1968年の「恋の季節」でデビュー。山高帽にステッキといういでたちで歌ったこの曲はシングルセールスが200万枚を超え、「第10回日本レコード大賞」新人賞受賞、「第19回NHK紅白歌合戦」出場と、大ヒットソングとなった。

ピンキーとキラーズには、「恋の季節」と同じ作詞・岩谷時子、作曲・いずみたくのコンビによる「涙の季節」というヒット曲もある。

今陽子

今陽子

女優・辺見えみりの母として知られる辺見マリ。中高生のころから芸能の世界に関係しており、19歳のデビュー時から大人っぽさを強調していた。20歳で発表した2ndシングル「経験」は、艶めかしい溜息混じりの歌唱が注目を集めて大ヒット。「セクシー」という評価を一身に集める存在だった。

辺見マリ

辺見マリ

真木ひでとは、1960年代後半にバンド・オックスのボーカル・野口ヒデトとして女性中心に熱烈な人気を獲得。オックスは、存在するだけでファンが失神するという事態まで引き起こし、「失神バンド」と呼ばれた。

「ガール・フレンド」「ダンシング・セブンティーン」「スワンの涙」といった初期ヒット曲は、作詞・橋本淳、作曲&編曲・筒美京平というコンビによるもので、スウィートなナンバーを好ルックスの男子が歌うという組み立てが、失神現象へとつながった。

「永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ~青春ポップスとグループサウンズ~」
2019年7月19日(金)
《昼の部》昼0:00開演 《夜の部》昼5:00開演 ※各30分前開場
会場:埼玉サンシティ越谷市民ホール 大ホール(埼玉県越谷市南越谷1丁目2876−1)
チケット料金:全席指定6,000円(税込6,480円)
チケット発売
●チケットぴあ専用電話
TEL:0570-02-9922 (24時間受付)
●一般販売は、e+(イープラス)/ローソンチケット/キョードー東京にて
●公演・チケットの問い合わせ:キョードー東京
TEL:0570-550-799 (平日朝11:00〜夜6:00 祝祭日朝10:00〜夜6:00)

◆前回の「永遠の昭和ヒット歌謡オンステージ」ダイジェスト

◆あおい輝彦動画 https://youtu.be/kr4ayhJOxE4
◆あおい輝彦&タブレット純動画 https://youtu.be/Rt1QOdcI1Hk
◇タブレット純によるアーティスト紹介動画
・あおい輝彦 https://youtu.be/G1a9RQqusE8
・今陽子 https://youtu.be/UJbREEkD-LE
・辺見マリ https://youtu.be/RJbRQhkDvLE