人間力を色気に変える、大泉洋の俳優道<ザテレビジョンシネマ部コラム>

2019/07/19 07:00 配信

映画

『探偵はBARにいる3』

『探偵はBARにいる3』

(C)2017「探偵はBARにいる3」製作委員会

役者、大泉洋には色気がある。

大泉洋がTVバラエティ「水曜どうでしょう」をきっかけに全国区で人気となったのは、もう15年以上前のこと。だが当時、彼が演劇ユニットTEAM NACSのメンバーとしても活躍する役者だという認識をもつ人は少なかったのではなかろうか。

【写真を見る】「ゲゲゲの鬼太郎」で大泉洋がねずみ男を完全再現!

【写真を見る】「ゲゲゲの鬼太郎」で大泉洋がねずみ男を完全再現!

(C)2008「ゲゲゲの鬼太郎」フィルムパートナーズ

そもそも彼が役者として最初に注目された映画作品も『ゲゲゲの鬼太郎』('07)のねずみ男役。笑いの要素を期待されての抜擢だが、芸人が必ずしも面白い芝居ができるわけではないように、芝居で人を笑わせることは存外に難しい。ところが大泉は、もち前の笑いのセンスをそのまま演技に生かしつつ、自身の演じる役柄に説得力をもって魅せることができる人。

『探偵はBARにいる』

『探偵はBARにいる』

(C)2011「探偵はBARにいる」製作委員会

大泉の代表作ともいえる『探偵はBARにいる』シリーズ('11~’17)が分かりやすい例だ。最初こそ大泉洋と“ハードボイルド”という言葉のかみ合わなさにクスッとしたりしたものだが(ごめんなさい)、蓋を開けてみればどうだろう。

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

『探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点』

(C)2013「探偵はBARにいる2」製作委員会

真冬の北海道を背景に、雪に生き埋めにされる第1作、スキージャンプ台の頂上に吊るされる『~2 ススキノ大交差点』、パンツ一丁で船の先にはりつけにされる『~3』。数々の体を張ったアクションと、松田龍平演じる相棒の高田とのとぼけた掛け合いで観客を存分に笑わせる。

命を懸けて戦う姿に、漂う哀愁。そして色気…! (2/3)

[放送情報]
■焼肉ドラゴン
WOWOWシネマ 7/21(日)よる9:00
WOWOWプライム 7/23(火)よる7:50
WOWOWシネマ 8/1(木)午後4:30

■恋は雨上がりのように
WOWOWシネマ 7/28(日)午前8:15
WOWOWライブ 8/11(日)深夜1:30
WOWOWシネマ 8/20(火)よる7:00

■探偵はBARにいる
WOWOWシネマ 7/29(月)午後0:50
探偵はBARにいる2 ススキノ大交差点
WOWOWシネマ 7/30(火)午後0:45

■探偵はBARにいる3
WOWOWシネマ 7/31(水)午後0:45
WOWOWシネマ 8/8(木)午前11:30
WOWOWシネマ 8/26(月)よる9:00

■ゲゲゲの鬼太郎(2007)
WOWOWシネマ 8/14(水)午前6:25

■ゲゲゲの鬼太郎 千年呪い歌
WOWOWシネマ 8/14(水)午前8:10

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース