沢村一樹、田中圭らの芝居に「僕はもう圧倒されっぱなしでした」<「劇場版おっさんずラブ」連載vol.2>

2019/07/19 08:00 配信

映画

このドラマは一体…!?と思った記憶があります(笑)

8月23日(金)公開の映画「劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」で狸穴迅を演じた沢村一樹

8月23日(金)公開の映画「劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」で狸穴迅を演じた沢村一樹

撮影=大石隼士

作品に"波乱”を巻き起こす存在として、「劇場版おっさんずラブ 〜LOVE or DEAD〜」(8月23日(金)公開)から新たに加わることになった沢村一樹。昨年放送された連続ドラマも「目にしていた」と言い、その印象を次のように語る。

「奥さんに勧められて見るようになったんですけど、あるとき、黒澤部長(吉田鋼太郎)が"はるたん(春田)”(田中圭)の腕を触るシーンがあって…。そこで鋼太郎さんが、ただ腕を触るんじゃなくて、指をサワサワって動かしたんですよね。

それを見たとき、えっ!?て(笑)。このドラマは一体…!?と思った記憶があります(笑)。あれは多分、あまたの経験をされてきた鋼太郎さんじゃないとできないしぐさ(笑)。そんなふうに、ひき付けられるところがドラマの端々にありましたね」

"楽しんで見ていた”という作品に、出演する側となった沢村。オファーを受けたときは、どう思ったのか。

「ドラマが放送されていたとき、僕もちょうど『未解決の女 警視庁文書捜査官』('18年テレビ朝日系)をやっていて、テレ朝に出入りしてたんです。そこで『おっさんずラブ』のスタッフの方とお会いするたびに、ドラマ面白いねって話をよくしていたんですけど…。(出演が決まったのは)それが効いたのかな?って思いましたね(笑)」

演じるのは、天空不動産に新たに発足したプロジェクトチームのリーダーで、春田らの前に立ちふさがる強敵・狸穴迅。

「正直、演じるのは難しかったです。狸穴については、最初に瑠東(東一郎)監督から、時代劇で例えると徳川家康ですって言われて。つまり、腹の中がよく見えないっていうことなんですけど、それをずっと意識しながら演じ続けるのは苦労しましたね。とにかくうさんくさい感じに見えればいいなっていうことだけを考えながら演じていました」

超話題作に参加した沢村が現場で感じたこととは⁉ (2/3)

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」
2019年8 月23 日(金)公開
監督=瑠東東一郎/脚本=徳尾浩司/出演=田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉・沢村一樹、志尊淳・眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎
■公式HP
【URL】https://ossanslove-the-movie.com/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース