三浦春馬主演「TWO WEEKS」が2位ランクインの好発進【視聴熱TOP3】

2019/07/17 16:00 配信

ドラマ

三浦春馬主演の“火9”ドラマ「TWO WEEKS」が2位にランクイン

三浦春馬主演の“火9”ドラマ「TWO WEEKS」が2位にランクイン

撮影=龍田浩之

webサイト「ザテレビジョン」では、7月16日の「視聴熱(※)」ドラマ デイリーランキングを発表した。

1位「永遠のニシパ~北海道と名付けた男 松浦武四郎~」(NHK総合)6908pt

蝦夷地と呼ばれていた北の大地を幕末に調査し、“北海道”の命名者となった男の人生をドラマ化。明治2(1869)年に命名されてから150年を記念し、北海道で6月に先行放送されたのに続き、7月15日に全国放送となった。松本潤が主演し、脚本を大石静が担当した。

海外列強から開国を迫られ、未曾有の危機にあった江戸幕府。武四郎(松本)は蝦夷地をロシアから守らなければならないと決意し、調査を始める。そして、武四郎は調査の案内を務めてくれたアイヌの人々との出会いから、その文化の豊かさや人々のやさしさに共感していくが、やがて蝦夷地を経営している松前藩のアイヌへの搾取略奪の実態を目の当たりにするようになる。

美しく気高いアイヌの女性・リセ(深田恭子)との出会い、松前藩からの妨害工作、さらには命を狙われるといったなかで奮闘した武四郎を松本が力強く演じた。

放送時間85分に熱き思いのドラマが凝縮されていたが、アイヌの文化についての学びも多く、ワンクールでの放送や大河ドラマで「じっくり見たかった」という感想も上がる反響を呼んだ。

また、16日からはNHKオンデマンドでの配信がスタートした。

三浦春馬主演「TWO WEEKS」は2位に (2/2)

◆「視聴熱」デイリーランキングはコチラ↓↓◆