初のアジアツアーを駆け抜けたmonogatari、新曲とベストアルバムのリリースが決定!

2019/07/22 22:00 配信

アイドル

“モノガ”ことmonogatariが、初アジアツアーのファイナル「monogatari 1000 sational tour 2019 東京FINAL公演」を開催
“モノガ”ことmonogatariが、初アジアツアーのファイナル「monogatari 1000 sational tour 2019 東京FINAL公演」を開催撮影:林 晋介


アイドルグループ・monogatari(通称:モノガ)が7月21日、初のアジアツアーのファイナル「monogatari 1000 sational tour 2019 東京FINAL公演」を東京・SHIBUYA CLUB QUATTROで行った。

全5カ所を駆け抜けたメンバーが最終公演地・東京へ


【写真を見る】モノガの醍醐味“ノンストップライブ”で躍動するメンバーたち
【写真を見る】モノガの醍醐味“ノンストップライブ”で躍動するメンバーたち撮影:林 晋介


全公演のチケット代が“1000円”という、衝撃プライスでインパクトを与えた今回のツアー。台湾を皮切りに、名古屋、大阪、札幌、福岡の5カ所をメンバー10人で駆け抜け、最終公演地の東京へ。

ライブの開演前アナウンスは、工藤茶南が担当。隣で見守る西銘紗英が、工藤の言い間違いを訂正するという掛け合いに、会場からは笑いが起き、本人の「完璧だった」という言葉通り、しっかりと客席を温める。

続いて、オープニング映像がスクリーンに映し出され、4つ打ちのロックサウンドにファンからは自然とコールが沸き起こる。映像の最後には「For + ?(何の為に」という、謎めいた言葉が映し出された。

1曲目「WE are ONE」のイントロが流れ、客席のボルテージは一気にヒートアップ。ここからはモノガの醍醐味(だいごみ)である“ノンストップライブ”へ。

平均年齢17歳のメンバーたちがステージ狭しと歌い踊り、ファンもそれに応えるように熱い声援を送る。アップテンポなダンスナンバー「KISS MY GIRLS」や、クールで妖艶な歌詞が印象的な「瞳を覗いて」と人気曲が続く。

「PARTY ANIMALS」では、メインでボーカルを務めるリーダー・福本カレンの、力強く伸びのある歌声と、倉澤遥の小さな体からは想像もつかぬパワフルな歌声が響き渡り、最年少・柊宇咲ら他のメンバーたちも負けじと迫力あるダンスで呼応。

そして「Re:born」で本編を締めくくると、スクリーンに再び「私は何の為に生きている?」「誰の為に生きている?」という言葉が映し出され、冒頭の「for+?」の謎が解ける。

アンコールでは、初公開の「for Me」、モノガ定番の“ブチ上がれる”ナンバー「MONOGATARI」を歌唱。

センター・香山あむの「東京!ラストー!!」という言葉とともに、会場のボルテージは最高潮に達し、ラストは「サイコー!」のコールで、元気いっぱいにライブを終えた。

■monogatari公式
【HP】monogatari.jp.net
【Twitter】@monoga__tari

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆


関連人物