小栗旬、「神頼みをすることはあります」【「天気の子」連載】

2019/07/27 09:00 配信

映画

映画「天気の子」で、新海誠監督作品に初めて参加する小栗旬

映画「天気の子」で、新海誠監督作品に初めて参加する小栗旬

撮影=横山マサト

これまでにも「ONE PIECE FILM GOLD」(2016年)、「映画 妖怪ウォッチ FOREVER FRIENDS」(2018年)などで声優を務めてきた小栗旬が、新海誠監督の作品に初参加。離島から東京に家出してきた主人公・帆高(醍醐虎汰朗)を住み込みで雇うことになる編集プロダクション経営の須賀圭介の声を演じている。

オカルト雑誌などを作っているライターの須賀(声:小栗旬)

オカルト雑誌などを作っているライターの須賀(声:小栗旬)

©2019「天気の子」製作委員会

――今回のオファーの経緯を教えてください。

半年前ぐらいにプロデュサーの川村元気さんから直接連絡をいただきました。ちょうど僕が演じた須賀というキャラクターの声を誰にするか悩まれていたときみたいで、「もし良かったら参加しない?」と。僕も新海監督の「君の名は。」(2016年)をすごく面白いと思って見ていた人間なので、お話をいただけたのはとてもうれしいことでした。

――小栗さんが演じられた須賀は、小さな編集プロダクションを営んでいるライター。怪しげなオカルト雑誌を手掛けているという設定ですが、須賀の印象は?

ちょっとうさんくさいところがありますよね(笑)。でも、行き場を失っていた帆高を自分のところに迎えたり、何だかんだで面倒見がいいところがある。そんな裏腹なところはステキだなと思います。

――小栗さんなら実写でも演じられそうなキャラクターですよね?

できるかもしれないですね(笑)。

――ちなみに須賀はオカルト雑誌のライターをしていますが、小栗さんはそういう摩訶不思議なことを信じますか?

オカルト的なことはあまり信じないですけど、神様がいるんだろうなと思っているので、神頼みをすることはあります。

――それはどんなときに?

一時期、舞台に出演すると体調を崩すときがあって、これは舞台の神様に嫌われてしまったんだなと。それ以来、芸事の神様が祀られている神社にごあいさつに行くようにしています。

――その効果は?

毎年必ず1回はお参りに行くようにしているんですけど、逆にこれをやめて何かあったら怖いなと思うので、もう習慣になってますね(笑)。

スタイリスト=臼井崇/ヘア&メーク=Chika KIMURA(小栗)/衣装協力=hest Robe CONFECT(小栗)

映画「天気の子」
公開中
配給=東宝
原作・脚本・監督/新海誠 音楽/RADWIMPS 声の出演/醍醐虎汰朗、森七菜、本田翼、小栗旬ほか

◆映画『天気の子』キャストインタビュー&ニュースまとめ◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース