若かりし頃の吉川晃司もカッコいい! デビュー間もない頃の主演3部作で振り返る<ザテレビジョン シネマ部コラム>

2019/08/06 07:00 配信

映画

【写真を見る】肉体美がスゴい! 吉川晃司、デビュー間もない“イケメンSHOT”

【写真を見る】肉体美がスゴい! 吉川晃司、デビュー間もない“イケメンSHOT”

(C)1984 渡辺プロダクション

ここ10年ほど、時代劇や社会派ドラマ、意外なものでは特撮変身ヒーロー映画にも重要な役で出演し、俳優として高い評価を得ている吉川晃司。第一線で活躍し続けているミュージシャンならではのカリスマ性や、さまざまな逸話から伝わってくる“男気”を伴った渋い魅力が注目されているが、デビュー間もない頃の“若いのに大人っぽいカッコよさ”も若い世代の方たちに紹介したい。

WOWOWの8月の特集「吉川晃司デビュー35周年WOWOWスペシャル」で放送される「すかんぴんウォーク(1984)」、「ユー★ガッタ★チャンス(1985)」、「テイク・イット・イージー(1986)」は、吉川が10代後半から20代前半の時に主演した青春映画3部作。3作すべてを「ヒポクラテスたち(1980)」の大森一樹が監督、「野獣死すべし(1980)」などで松田優作の“共犯者”だった丸山昇一が脚本。主人公は、吉川自身を投影したかのような若者、民川裕司(たみかわゆうじ)だ。

『すかんぴんウォーク』

『すかんぴんウォーク』

(C)1984 渡辺プロダクション

1984年、吉川晃司のデビュー・シングル「モニカ」のリリースと同時期に公開された第1作「すかんぴんウォーク」は、演劇の世界を夢見て広島から上京した18歳の裕司が、ポップ・シンガー志望のバイト仲間(山田辰夫)やパッとしない清純派女性タレント(鹿取容子)との交流と決別、挫折を経て、音楽の道に進んでいく物語。

裕司が東京湾の沖の方からバタフライで泳いでやって来るオープニングは、語り草になっている名(珍?)場面だが、都心の道路をはだしで駆けたり、路地裏を逃走するなど、地味ながら身体能力の高さを示す動きも多く、ライブ・シーンでは、既に堂に入ったステージ・パフォーマンスを披露している。一方で、若者特有のナイーブな心を表現する姿は素朴で初々しく、ちょっとかわいらしかったりもする。ちなみに蟹江敬三演じるカニしか食べない喫茶店のマスターも必見。

吉川晃司の魅力を思い切り詰め込んだ「ユー★ガッタ★チャンス」 (2/3)

[放送情報]
すかんぴんウォーク
WOWOWライブ 8/18(日)午後1:30
ユー★ガッタ★チャンス
WOWOWライブ 8/18(日)午後3:20
テイク・イット・イージー
WOWOWライブ 8/18(日)午後5:05

↓映画選びに迷ったらコチラをチェック!↓

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース