写真集発売を控えた大場美奈に須田亜香里「売れない苦しみを知ってるから」と自虐でエール!?

2019/08/01 06:30 配信

音楽

「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」にSKE48が出演した

「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」にSKE48が出演した

7月15日、神奈川県・三浦海岸で行われた「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」にSKE48が出演。新曲「FRUSTRATION」を含む14曲を披露して、会場を熱く盛り上げた。

ライブは夏にぴったりのナンバー「パレオはエメラルド」からスタートすると、続く2曲目は一転してサティリカルな歌詞の「誰かの耳」。さらに、チームEの「SKEフェスティバル」公演から「キミが思ってるより…」、再び夏曲の「意外にマンゴー」と、序盤からバラエティーに富んだラインナップを披露。

その後のユニットパートでは、2ndアルバム「革命の丘」収録の「ホライズン」、チームSの「彼女がいる」、松井珠理奈らのユニット“ラブ・クレッシェンド”の「反射的スルー」、チームEの「オレトク」をパフォーマンスして会場を沸かせた。

また、ライブ中のMCでは、須田亜香里が「みなるん、海と言えば“水着”じゃん」と、8月2日(金)にファースト写真集「本当の意味で大人になるということ」発売を控えた大場美奈に絶好のパス。

「何ていい人なの!?」と感激する大場に、写真集の売り上げを週刊誌に“爆死”扱いされた須田は「売れない苦しみを知ってるから!」と、自虐ネタで会場の笑いを誘う。

そんな須田に大場は「私が爆死になったら、(同じグループで爆死ネタが)重なっちゃうじゃん? だから、だーすーのためにも爆死を逃れようと。爆死ってのはだーすーのネタだから」と、須田のため(?)に写真集のヒットを期した。

そして、再び全員での曲披露になると、ファンから根強い人気のある「片想いFinally」や新曲「FRUSTRATION」、名古屋弁にアレンジされた「君のことが好きだもんで」を披露し、最後は海で撮影されたMVが印象的なシングル曲「アイシテラブル」で、ライブを締めくくった。

SKE48は8月27日(火)の「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」にも、異なるメンバーで出演する。

「音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2019」SKE48 セットリスト (2/2)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物