2020年大河で風間俊介が徳川家康に!「考えれば考えるほど身体と心が震えます」

2019/08/07 16:40 配信

ドラマ

風間俊介が徳川家康を演じることが発表された

風間俊介が徳川家康を演じることが発表された

2020年1月5日(日)から放送される大河ドラマ「麒麟がくる」(NHK総合ほか)の新たな出演者として尾野真千子向井理風間俊介伊吹吾郎の4名が発表された。

池端俊策が脚本を務め、長谷川博己主演で送る本作。20代の明智光秀(長谷川)の青春時代から、天下を狙って英雄たちが戦う群雄割拠の時代を描いていく。

尾野が演じるのは、旅芸人一座の女座長の娘・伊呂波太夫。向井は室町幕府第13代将軍の足利義輝役に、伊吹は東海最強の戦国大名と言われる太原雪斎役に決定した。

言わずと知れた徳川幕府の創始者である徳川家康を演じる風間は「震えています。数々の偉人がいますが、その中でも徳川家康を演じさせていただける日がくるとは」とコメントで感動を語った。

出演者の全文コメントはこちら! (2/3)

大河ドラマ「麒麟がくる」
2020年1月5日(日)予定
脚本=池端俊策/語り=市川海老蔵 /音楽=ジョン・グラム
制作統括=落合 将、藤並英樹/プロデューサー=中野亮平
演出=大原 拓、一色隆司、佐々木善春、深川貴志

関連番組

関連人物