田中圭「その瞬間、瞬間で役を生きてほしい。 その代わりちゃんと全部拾うから」<「劇場版おっさんずラブ」特集>

2019/08/10 11:00 配信

映画

この作品は「笑って芝居ができないので、何回か慣れが必要なんです」

8月23日(金)公開「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」への思いを明かす田中圭

8月23日(金)公開「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」への思いを明かす田中圭

撮影=諸井純二

いよいよ8月23日(金)に公開される「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」。ドラマからのキャストである田中圭、吉田鋼太郎、林遣都がクランクアップ当日にインタビューに答えてくれた。スタッフ含めて、関わる全ての人があふれんばかりの“愛情”を注ぐ今作。彼らの思いを余すことなく伝える。

"おっさんずラブ”の顔とも言える、"はるたん”こと春田創一を演じている田中圭。本作の現場について、連続ドラマのころから繰り返し「信頼関係で成り立っている」と評してきた。それは劇場版でも変わることはなかったという。

「自由に演じていいと言われても、普通は怖いと思います。でも、この作品にはそれができる人、気持ち一つで変われる人が集まっていて。そうやって変われる人が変わったときの爆発力は本当にすごいし、それを、誰一人として『生意気だ』とか『台本通りじゃない』と言わない。

立場とかルールとか常識とか関係なく、一つのものをみんなで楽しみながら作ろうというのが、この現場。劇場版でも本当に毎シーン、毎シーン、全員で作っている感覚がありました」

全てのシーンにおいて印象深いと話す田中に、そんな中でも特に印象的なシーンについて尋ねると――。

「全てのシーンが面白いんですが、特に(黒澤)部長(吉田鋼太郎)と正義(ジャスティス)(志尊淳)と春田の3人でうどん屋さんに行くシーンは、2人の演技に一番意表を突かれました。台本では最終的に春田が粉をかぶると書かれていたのですが、その前の部長とジャスティスのやりとりがあまりにも面白くて…。

"おっさんずラブ”の撮影って、最初は笑って芝居ができないので、何回か慣れが必要なんです。僕も慣れていたつもりが、このときだけは慣れるまでに時間がかかりました。僕もそうだし、撮影しているカメラさんとかも肩が震えるくらい笑っていました(笑)。もう、俺が粉かぶる必要ある? って言いながら撮影していました(笑)」

田中圭が思う"受け芝居”の魅力とは? (2/2)

「劇場版おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~」
2019年8月23日(金)公開
監督=瑠東東一郎/脚本=徳尾浩司/出演=田中圭、林遣都、内田理央、金子大地、伊藤修子、児嶋一哉・沢村一樹、志尊淳・眞島秀和、大塚寧々、吉田鋼太郎
■公式HP
【URL】https://ossanslove-the-movie.com/

ザテレビジョンがLINEでドラマニュース専門アカウント始めました!
主演インタビューや編集部オリジナルのドラマニュースがまとめて読めます!
下のボタンから「友だち追加」しよう!

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース