杉本哲太、上野樹里と初共演! “月9”新レギュラーに「キンチョーの日々です」

2019/08/12 07:00 配信

ドラマ

杉本哲太が「監察医 朝顔」にレギュラーとして出演することが分かった

杉本哲太が「監察医 朝顔」にレギュラーとして出演することが分かった

杉本哲太が、上野樹里主演ドラマ「監察医 朝顔」(毎週月曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)にレギュラーとして参加することが分かった。検視官・丸屋大作役で、8月19日(月)放送の第6話より登場する。また、三宅弘城演じる検視官・伊東純が12日放送の第5話で、検視官を辞める決意をすることも分かった。

「監察医 朝顔」は、同名漫画作品を原作にアレンジを加えたヒューマンドラマ。新米法医学者・朝顔(上野)とその父である刑事・平(時任三郎)が遺体の謎を解き明かし、“生きた証”から人々の心を救う姿を描いている。

そんな本作で、第6話から登場する丸屋(杉本)は、三宅演じる伊東とは、まるで真逆な検視官。

人情味あふれ、周囲をおもんばかる伊東に対し、丸屋は“超”がつくほど頑固で、仕事のためなら軋轢(あつれき)を生むこともいとわないというキャラクターだ。

現場にある物を、丸屋の許可なく1ミリでも他人が動かすものなら烈火のごとく怒り、事件発生後、遺体を確認して実況見分を統括することが検視官の務めだとし、法医学者であろうと現場で遺体に触れることは容易に認めない。

ただ、それは丸屋が検視官として群を抜いて優秀であり、検視官という仕事に確固たる誇りと自信を持っているからこそ。

杉本は、そんな丸屋役で出演することに「初回からO.Aを拝見していたので、オファーが来た時はびっくりしていました」と驚きを隠せない様子。

気になる第6話の内容とは? (2/2)

ドラマ「監察医 朝顔」
毎週月曜夜9:00-9:54
フジテレビ系で放送
※杉本哲太は8月19日(月)より登場

◆2019年夏ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース