<いだてん>上白石萌歌、7キロ増で挑んだメダリスト役に「生き様を自然と落とし込んでいけるんだ」

2019/08/18 08:00 配信

前畑秀子を好演している上白石萌歌

前畑秀子を好演している上白石萌歌

中村勘九郎阿部サダヲがダブル主演を務める大河ドラマ「いだてん〜東京オリムピック噺(ばなし)〜」(毎週日曜夜8:00-8:45ほか、NHK総合ほか)。

同作は、宮藤官九郎が脚本を手掛けた日本のスポーツの歴史物語。日本で初めてのオリンピックに参加した金栗四三(勘九郎)と、日本にオリンピックを招致した田畑政治(阿部)が奮闘する姿を描く。

ドラマ「3年A組―今から皆さんは、人質です―」(2019年、日本テレビ系)で水泳部のエース役で注目を集めた上白石萌歌は本作で、「前畑、頑張れ!」の実況でも知られる伝説のスイマー・前畑秀子を演じる。

200メートルの平泳ぎが専門で、1932年のロサンゼルスオリンピックで銀メダル、1936年ベルリンオリンピックで金メダルを獲得した。

そんな前畑を演じる上白石に、撮影前から取り組んだという役作りなどについて聞いた。

前畑さんと同じように“水泳を誰よりも愛そう”

――前畑さんを演じてみての感想を教えてください。

お化粧で肌のトーンを5つくらい下げ、さらに日焼けサロンに通って、当時水泳をされていた方の体型や肌の色に近づけるように準備しました。

でもロサンゼルス五輪、ベルリン五輪を撮影したロケでさらに焼けてしまって…。途中からドーラン(化粧品)がいらなくなるくらい日焼けしましたね(笑)。

そういったことも含めてご本人に近づけたような気がして、すごくうれしいです。

――上白石さんが前畑さんに共感する部分があれば教えてください。

前畑さんは周りの人からしたら本当にその時代のスター選手ですし、特別な女の子として扱われていたと思います。

でも、前畑さん自身は普通の心を持った女の子で、大会の前には緊張のあまり控え室で走り回ったり、男子選手の「この人格好いいよね!」みたいなことを女子部屋で繰り広げていたりして…。そういう普通の一面を持っていることにすごく共感しました。

すごい選手でも一人の人間だし、プレッシャーを感じて、胸の中には期待も不安もずっとあって…。そんな中で戦ってきたんだなと思うと、私の役にかける思いもどんどん膨れ上がっていきました。

前畑さんと通じる部分でいうと、私も水泳がもともと好きで、中でも平泳ぎが一番好きだったので、水泳にかける思いやプールに飛び込む前の目つきの変わり方がリンクするといいなと。

私も前畑さんと同じように、“水泳を誰よりも愛そう”という気持ちで練習に取り組んでいました。

上白石萌歌の水泳に対する思いとは? (2/3)

大河ドラマ「いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~」
毎週日曜夜8:00-8:45ほか
NHK総合ほかで放送

◆大河ドラマ「いだてん」ニュースまとめ◆

関連番組

関連人物