秋の夜長に見たい!心に刺さる東野圭吾原作の映画4選<ザテレビジョン シネマ部コラム>

2019/09/06 07:00 配信

映画

『人魚の眠る家』

『人魚の眠る家』

(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会

これまで数々の作品が映画化やドラマ化され、もはや「メディアミックスといえばこの人!」と言われるほどの人気作家として知られる東野圭吾。2018年に劇場公開されて話題となった『人魚の眠る家(2018)』(9月14日夜8:00 WOWOWシネマほか)ほか、東野原作の映画がWOWOWで9月に放送される。

読書の秋にちなみ、ベストセラー小説の映像化作品を一気見するのに打ってつけのタイミングともいえるこの季節。東野作品の特徴といえば、本格ミステリーからサスペンス、SF、ラブ・ストーリー、ヒューマン・ドラマなど、硬軟織り交ぜた多彩なジャンルと、魅力的な登場人物、予想もつかないどんでん返し、人間の心の闇に迫る丁寧な心理描写などが挙げられる。

『人魚の眠る家』

『人魚の眠る家』

(C)2018「人魚の眠る家」製作委員会

そんな東野圭吾原作の映画の中から、まずは涙なくしては観られない作品を紹介しよう。作家デビュー30周年を記念して彼が書いた同名小説を、「トリック」シリーズや「SPEC」シリーズなどで知られる堤幸彦監督が、篠原涼子と西島秀俊のW主演で映画化した『人魚の眠る家』。

愛する我が子がプールで溺れたことがきっかけで“脳死”状態に陥るという過酷な状況下で、究極の選択を迫られることになった夫婦の姿を描く。原作は発売から1カ月で27万部を売り上げ、累計110万部を突破したベストセラーだ。

善悪の価値観を根底から揺るがす“東野ミステリー”の真骨頂ともいうべき要素が詰まった本作は、第31回東京国際映画祭でお披露目されるやいなや、国内外の観客に衝撃を与え、老若男女の感涙を誘っていたことも記憶に新しい。

若き研究者を演じた坂口健太郎 (2/3)

[放送情報]
人魚の眠る家
WOWOWシネマ 9/14(土)夜8:00
WOWOWプライム 9/19(木)夜7:45
WOWOWプライム 9/28(土)夜8:55
WOWOWシネマ 10/13(日)朝11:45

ナミヤ雑貨店の奇蹟-再生-
WOWOWシネマ 9/9(月)昼3:15

g@me.
WOWOWシネマ 9/23(月・祝)朝9:45
WOWOWシネマ 10/9(水)朝11:00

レイクサイド マーダーケース
WOWOWシネマ 9/17(火)夜11:00
WOWOWプライム 10/24(木)深夜2:55

↓映画コラムやおすすめ映画紹介機能も!↓

関連番組

関連人物

関連ニュース

画像で見るニュース