<キングオブコント>ジャルジャル「持ちネタ8000本あっても、結果出さんと意味がない」

2019/09/20 11:51 配信

ジャルジャル/後藤淳平(写真左)、福徳秀介(写真右)
ジャルジャル/後藤淳平(写真左)、福徳秀介(写真右)撮影=阿部岳人


9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事ではジャルジャルのコメントを紹介する。

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

ジャルジャルは、2003年に結成。吉本興業に所属する後藤淳平(写真左)と福徳秀介(写真右)のコンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきたジャルジャルの“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

「今まで自信がありながら、8年決勝いけてない」


――準決勝は、レギュラーといってもいいジャルジャルさん。決勝も2回進出してらっしゃるということで、今回まず準決勝まできたことに対するお気持ちは?

福徳秀介:皆勤賞。

――ほんと皆勤賞ですよね。すごいことですよね。

福徳:よかったです。とりあえず。まあ決勝いかんと意味ないんで。

後藤淳平:そうですね。毎年これるっていうのは有難いことですね。

――今回のネタに対する自信は?

福徳:8年決勝いってないんで。今まで自信がありながら、8年決勝いけてないんで。自信も何も、何もない状態です。なんで、リラックスして挑める状況です。

――なるほど。後藤さんいかがですか。

後藤:僕も、もう“無”ですね。そこに関しては。

――なるほど。お二人の中でキングオブコントっていうのはどういう位置付けでしょうか。

福徳:やっぱりほしい、結構何よりもほしいタイトルではありますね。

やっぱり持ちネタ8000本あるんで、でも結果が出てなくて8000本って言うとるだけじゃ意味ないんで。やっぱり結果出さんとね。

――後藤さんは?

後藤:そうですね。やっぱり代表作みたいなね、そういうのが欲しいですよね。それは優勝しないと、生まれないと思うんで。

――ジャルジャルさんのコントにはいくつも代表作があるようなイメージなんですけれども、ご自身たちの中では、あまり納得ができていない?

後藤:「優勝したネタ」みたいなものは、やっぱりほしいですよね。

――裏付け的というか。

後藤:はい。

関連番組

関連人物