吉川晃司 デビュー35周年記念「KIKKAWA KOJI 35th Anniversary Live Tour」圧巻のツアー・ファイナル! 2020年の全国ツアー開催も発表

2019/09/09 21:00 配信

音楽

ヒット曲満載のステージを展開!

ヒット曲満載のステージを展開!

撮影●平野タカシ

吉川晃司が9月8日、35周年のアニバーサリー・ツアーのファイナル公演を、幕張メッセ国際展示場4〜6番ホールで行った。このツアー、デビュー日である2月1日と2日の日本武道館公演からスタートして、全国18都市19公演で、6万5千人を動員。最終日の幕張公演には、台風15号が関東に接近する中、1万2千人が集結して、35周年を盛大に祝った。

「台風なんざ寄せつけやしません。台風あっちいけの念を出しています」という吉川の言葉どおり、熱く激しく、そして愛にあふれたステージを展開した。オープニング・ナンバーの「Juicy Jungle」では緑色のテープが発射されて、観客が両手を振りながら踊って、幕張メッセが密林のジャングルと化していった。さらにCOMPLEX時代の「BE MY BABY」、80年代のヒット曲「LA VIE EN ROSE」と、いきなりクライマックスのような盛り上がりになって、35周年にふさわしい、にぎやかで楽しいお祭り空間が出現した。

1万2000人のオーディエンスのテンションも常にハイ状態

1万2000人のオーディエンスのテンションも常にハイ状態

撮影●平野タカシ

「35周年なんで、懐かしいあんな曲からそんな曲まで、やっていきますよ」とのこと。さらに「17歳の時に弾いていたギターです。まだ元気です」という言葉に続いて、デビュー当時愛用していたネックのないギターを弾きながら、「You Gotta Chance〜ダンスで夏を抱きしめて〜」を披露。これは当時から彼を応援していた人々にとってはうれしいサプライズだろう。さらに「にくまれそうなNEWフェイス」「RAIN-DANCEがきこえる」「サヨナラは八月のララバイ」と初期のヒット曲の連続に、悲鳴にも似た歓声が起こった。原曲のテイストを活かしながらも、生形真一(G)、ウエノコウジ(B)、湊雅史(Dr)、ホッピー神山(Key)という最強の布陣の奏でるソリッドでタイトでダイナミックな演奏によって、最新の息吹が注ぎ込まれていく。吉川も当時のニュアンスを活かして歌い、当時の動きや仕草を再現。懐かしさとみずみずしさと新鮮さとが混ざっている。吉川晃司というソロ・シンガーの魅力と骨太で男っぽいバンドサウンドの魅力とが共存するステージだ。

この日の気になるセットリストは? (2/2)

【ツアーファイナルの幕張メッセ公演を11月にWOWOW独占放送!】
その他『吉川晃司 デビュー35周年 WOWOWスペシャル』と銘打ち、様々なスペシャルプログラムを放送中!詳しくは番組サイトをご覧ください。
https://www.wowow.co.jp/music/kikkawa

【関連リンク】
吉川晃司オフィシャルHP