<キングオブコント>霜降り明星せいやから「絶対、決勝行けよ!」期待の若手・蛙亭!!

2019/09/21 12:51 配信

蛙亭の中野周平(写真左)と岩倉美里(写真右)

蛙亭の中野周平(写真左)と岩倉美里(写真右)

撮影=阿部岳人

9月21日(土)に決勝戦が生放送される「キングオブコント2019」(夜6:55-9:54ほか、TBS系※一部地域は夜7:00より放送)。WEBザテレビジョンでは準決勝進出全組へのインタビューを実施、意気込みなどを語ってもらった。本記事では蛙亭のコメントを紹介する。

「キングオブコント」は優勝賞金1000万円を目指し、"コント"で熱いバトルを繰り広げ日本一を決める大会。2019年で12回目の開催となり、過去には東京03、ロバート、バイきんぐ、かまいたち、ハナコらが優勝を決めている。

2019年の総エントリー数は2413組で、準決勝出場は34組。その中から、決勝に進むことができるのは10組という狭き門となっている。

蛙亭は、2012年に結成。吉本興業に所属する中野周平(写真左)と岩倉美里(写真右)の男女コンビ。準決勝までの厳しい闘いをくぐり抜けてきた蛙亭の“思い”とは?また優勝する自信は?

(※決勝進出者の発表は21日の大会当日です。本インタビューは、出場者自身も準決勝の結果を知らない状態で行っています)

「コントの中ならなりたいキャラクターになれる」

――まずは、ご自身の中で「蛙亭」がどのようなコンビだと思っているか、教えてください。

岩倉美里:男女コンビなので、男女にしかできないことをやろうと思うし、逆に男女とか関係ないネタもしたいし。特にこだわりはなく、自分たちでできることをやっている感じです。

中野周平:けっこう2人とも、クラスにいたら地味なほうだと思うんですけど、そうじゃない役が多かったりするので、演じていると楽しいですね。

岩倉:コントの中だったらなりたいキャラクターになれるんで。

――コンビにキャッチコピーをつけるとしたら?

岩倉:なんだろ…まとまらないんですけど「コントで化けるぜ」みたいな感じですかね。

中野:ボケとツッコミが固定していないので、それをうまく言葉にしたいんですが…、「ボケツッコミ自由自在」でしょうか。

「あー、相方とは喜んでないです」 (2/4)

関連番組

関連人物