野性爆弾くっきー!、“芸術”に目覚めたきっかけは「吉本に描けと言われたので」

2019/09/10 20:13 配信

「ART START UP 100」の記者発表会に登壇した、くっきー!と伊勢谷友介

「ART START UP 100」の記者発表会に登壇した、くっきー!と伊勢谷友介

アートコンペティション「ART START UP 100」(9月25日[水]~9月29日[日]、東京・代官山ヒルサイドフォーラム)の開催記念記者発表会が9月10日に行われ、お笑いコンビ・野性爆弾のくっきー!と俳優の伊勢谷友介が登壇した。

「ART START UP 100」は、世に知られていないアーティスト500人の応募の中から、100人のアーティストが選ばれ、計100点の作品を展示、WEB上で販売する新しい形のアートコンペティション。

ニューヨークの展覧会に自身の作品を出展し、「最も注目の5人」に選ばれるなど、アーティストとしても活躍するくっきー!と東京藝大出身でアートに造詣が深い伊勢谷が「芸術」に関するトークを繰り広げた。

くっきー!と伊勢谷友介

くっきー!と伊勢谷友介

プライベートで美術館に行くか問われたくっきー!は「行きたいけど、なかなか行けない」と話し、「初めて行った美術館がルーヴル美術館で、絵のすごさに圧倒されて、そこから国内でも少しずつ行くようになった」とコメント。

その後のトークで「家に絵はないが、ステンドグラスが(壁やドアに)ある」と話した伊勢谷に、くっきー!は「えっ⁉」と驚き、「間取りいくつですか?」と聞くと伊勢谷は「2LDK」と返答。

くっきー!は「いやもっとあるでしょ!」とツッコみ、「うちなんか電話ボックス3個分の家。立って寝ている」と冗談をとばした。

「芸術」に目覚めた"きっかけ"とは? (2/2)

関連人物