中井貴一の知られざる素顔に迫る!2世俳優としての苦労や亡き母とのエピソードも

2019/09/12 07:00 配信

バラエティー

9月12日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」では中井貴一を特集

9月12日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」では中井貴一を特集

9月12日(木)放送の「直撃!シンソウ坂上」(毎週木曜夜9:00-9:54、フジテレビ系)では、9月13日(金)より公開の映画「記憶にございません!」で主演を務める中井貴一を特集する。

番組MCの坂上忍は中井の招待を受け、神奈川県葉山町にある中井行きつけのレストランへ。

意外にも初対面となる2人は、過去の中井主演ドラマの視聴率ランキングを懐かしい映像とともに振り返っていく。

中井は、大きな話題となりシリーズ化された「ふぞろいの林檎たち」(1983年、TBS系)では“鬼演出家”と恐れられた鴨下信一氏に文字通り、朝から晩まで怒鳴られ続けたというエピソードを披露。

また、わずか25歳で主演に抜てき(放送時は26~27歳)された大河ドラマ「武田信玄」(1988年、NHK総合)の裏話も語られる。

中井の父は、映画「君の名は」(1953年)などで知られる二枚目トップスターの佐田啓二。佐田は撮影所近くの食堂で働いていた益子さんと結婚、貴惠、貴一という2人の子供に恵まれ、公私ともに充実した日々を過ごしていた。

しかし1964年の夏、中井が2歳11カ月の時に、佐田は車で仕事に向かう途中、交通事故で死亡してしまう。原因は、なんと運転手の居眠り運転。

佐田という大黒柱を失った益子さんは、貯金を切り崩しながら女手一つで貴惠と貴一を育てることに。

成長した中井が、父が亡くなった事故の原因を尋ねても「運命だったのよ」と答えるだけだったという益子さん。そこには、大人になった今だからこそ分かる、母から子への“教え”があったと中井は振り返る。

中井「殴られた思い出しかない」 (2/2)

「直撃!シンソウ坂上」
毎週木曜夜9:00-9:54
フジテレビ系にて放送
公式HP: https://www.fujitv.co.jp/shinsou/
公式Twitter: @ss_fujitv