橘ケンチ、福岡の酒蔵とコラボで日本酒『橘六五』リリース!裏テーマは“三酒の神器”

2019/09/13 15:00 配信

福岡の伝統ある酒蔵・白糸酒造とコラボ日本酒を発表する橘ケンチ

福岡の伝統ある酒蔵・白糸酒造とコラボ日本酒を発表する橘ケンチ

9月8日に京都の酒蔵・松本酒造とコラボした日本酒『守破離橘』を発売したばかりの橘ケンチ(EXILE/EXILE THE SECOND)だが、その日本酒への情熱はさらに加速! 新たに九州随一の注目蔵のひとつ・白糸酒造(福岡県)とのコラボレーションで日本酒『橘六五』をリリースすることが明らかになった。10月1日から4日間の先行提供を行った後、住吉酒販(福岡県)系列にて10月5日から発売される。

橘ケンチ、酒造りの主要工程すべてに参加

EXILE/EXILE THE SECONDのパフォーマーとしてはもちろん、日本酒をライフワークとしながらここ数年様々な活動を通して日本文化への造詣を深めてきた橘。「現代の日本酒の味わい深さをはじめ、日本各地の文化の拠点となっている酒蔵さんの魅力を多くの方に知っていただきたい」との想いは常に変わらず、多くの実力派酒蔵やキーパーソンとの信頼構築の原動力となってきた。

2020年に控える所属事務所LDHによる6年に一度の一大イベント『LDH PERFECT YEAR 2020』を前に、現在も精力的に各地の酒蔵へと足を運んでいる。

今回コラボする白糸酒造は、酒造好適米の王様と言われる山田錦有数の産地として名高い福岡県糸島地区にある、安政2(1855)年創業の歴史ある酒蔵。現在の代表銘柄のひとつである『田中六五』は、蔵元の名字はもちろん蔵の環境である〈田んぼの真中〉にも由来しており、地元産の山田錦を65%に精米して造った酒を表現の特性としている。その他にも、全国的にも珍しい木製の槽に石を重しとして使用する“ハネ木搾り”という上槽法を採用していることでも知られている。

橘は、今年2月の麹造りに始まり、3月には古式の上槽法・ハネ木搾りも体験。蔵人と造りや蔵開きをともにした後、8代目蔵元で杜氏の田中克典氏が立ち上げたブランド『田中六五』をベースに、橘が日本文化に従事していくことを表す〈橘〉の名称を改めて冠した『橘六五』を完成させた。

3本1組「味わいの差を体感してほしい」 (2/3)

【橘ケンチ×白糸酒造コラボ日本酒〈橘六五〉リリース情報】
銘柄名:橘ケンチ×白糸酒造コラボ日本酒〈橘六五〉
販売店:住吉酒販本店(福岡)及び各支店 (公式HP)sumiyoshi-sake.jp
酒販店店頭予定価格:8,000円(税抜)予定
店頭販売形態:3本1組/限定800セット予定
飲食店提供価格:未定(各飲食店の規定に準ずる)
販売開始:2019年10月5日(土)予定
※3本1組での販売予定価格になります
※価格や販売開始時期他変更の可能性がありますので予めご了承ください
※販売店舗含む詳細は各酒販店の公式HP等をご覧ください

※10月6日(日)に〈橘六五〉リリース記念トーク・イベントおよび
 白糸酒造田中克典杜氏を招く〈橘六五〉の会を開催予定

関連人物