「空⾶ぶタイヤ」と「デス・ウィッシュ」で考える“正義”の定義<映画アドバイザー・ミヤザキタケル連載>

2019/09/20 07:00 配信

映画

『デス・ウィッシュ』

『デス・ウィッシュ』

(C)2018 Metro-Goldwyn-Mayer Pictures Inc. All Rights Reserved.

映画アドバイザー・ミヤザキタケルがおすすめの映画を1本厳選して紹介すると同時に、あわせて観るとさらに楽しめる「もう1本」を紹介するシネマ・マリアージュ。

第7回は、主人公が法の下で正義を押し通していく『空飛ぶタイヤ』(9月22日8:00 WOWOWシネマほか)と、法の外で正義を押し通していく『デス・ウィッシュ』(9月21日夜10:30 WOWOWシネマほか)をマリアージュ。

『空飛ぶタイヤ』(2018)

『空飛ぶタイヤ』

『空飛ぶタイヤ』

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

WOWOWでドラマ化もされた池井戸潤のベストセラー小説を映画化。脱輪事故によって死者を出した運送会社の社長、赤松(長瀬智也)が、自社の無実を証明すべく、リコール隠しをする自動車メーカーの闇に挑んでいく姿を描いている。

理不尽にはあらがうのが人間。だけど、あらがい続けるためにはそれ相応の覚悟がいる。知恵・勇気・根気・金・時間etc…、それらを絶えず捻出し続け、重圧に耐え続けられる者だけが正義を果たすチャンスを得ることができるのだと、本作を観ていれば思うはず。ただ、責任ある立場であればある程にリスクは増し、どれだけ正義を果たしたくても、勝算の見えない戦いにはそう簡単に踏み出せない。時には諦めてしまった方が、余計なリスクを背負わずに済むこともある。一か八かに賭けて大ダメージを食らうより、勝負から逃げ最小限のダメージで済ませた方が賢明な時もある。しかし、それらの行為はやがて己の心を殺していく。積み重ねていけば、何も感じられぬ鈍感で独り善がりな心に、悪に加担することをいとわぬ醜悪な心へと成り下がっていく。

【写真を見る】高橋一生は銀行員、小池栄子は週刊誌記者を熱演!

【写真を見る】高橋一生は銀行員、小池栄子は週刊誌記者を熱演!

(C)2018「空飛ぶタイヤ」製作委員会

間違っていると認識していながら、間違った道を平然と歩めるようになったのはいつからだろう。円滑で合理的な人間関係を重視するあまり、本心を押し殺すのが上手になったのはいつからだろう。時に必要な場面もあるが、条件反射の如く無意識に間違った道を歩んだり本心を押し殺したりしてはいないだろうか。僕たちは子ども時代に憧れたヒーローやヒロインのように、かつてはどんな逆境を前にしても正義を貫けると信じていた。が、大人になるにつれ疑い始めてしまう。現実はそう甘くないと、綺麗事だけでは生きられないと。けれど、正義のあり方は今も昔も変わっちゃいない。変わってしまったのは、向き合うことから逃げ出したのは僕たち自身。

正義を果たすことの価値に気付かせてくれる作品 (2/3)

↓話題の映画や旬の俳優を掘り下げるコラム多数︕↓



[放送情報]
空飛ぶタイヤ
WOWOWシネマ 9/22(日)午前8:00
WOWOWシネマ 10/18(金)よる6:45
WOWOWシネマ 10/25(金)午前6:45

デス・ウィッシュ
WOWOWシネマ 9/21(土)よる10:30
WOWOWプライム 9/24(火)深夜2:00
WOWOWシネマ 9/29(日)深夜1:15
WOWOWシネマ 10/28(月)深夜1:40