SKE48・北川綾巴 卒業目前インタビュー「アイドルは大変でした」

2019/09/20 06:30 配信

芸能一般

SKE48卒業間近の北川綾巴にインタビューを行った

SKE48卒業間近の北川綾巴にインタビューを行った

9月8日に愛知・知立市で行われた「ちりゅうサンバカーニバル」に、今年2月から「知立市&ちりゅっぴPR部長」を務めるSKE48北川綾巴が登場。サンバカーニバルが始まる前の“もち投げ”に参加し、地元の子供らとの交流を楽しんだ。

ザテレビジョンでは、イベント登壇後の北川にインタビューを行い、「知立市&ちりゅっぴPR部長」のことから今月末に控えるグループ卒業、そして約2年半務めたチームSリーダーのことなどについて今の心境を聞いた。

できるだけ知立のイベントに出られるように頑張りたい

――まずは今日の「ちりゅうサンバカーニバル」の感想から聞かせてもらえればと思います。

「知立市&ちりゅっぴPR部長」になってから、初めて知立のイベントに参加したんですけど、思ったよりファンの方がたくさん来てくれてびっくりしたし、ちびっ子たちがかわいかったなと思います(笑)。

――“もち投げ”のときはステージの前に子供たちが集まってましたもんね。

ずっとちびっ子にあげてました(笑)。

――サンバは綾巴さんがアイドルをしている中でもあまり関わりがなかったジャンルの音楽だと思うんですけど、カーニバル自体は残念ながら見られませんでしたが、待機しているサンバ隊の方々を見たりして、いかがでしたか?

(衣装が)すごかったですね。ナイスボディーだなと思って、思わず見ちゃいました(笑)。

――他媒体のインタビューを拝見したんですけど、SKE48卒業後は東京で芸能活動をされるんですか?

東京に“行けたらいいな”ってところですね。

――東京に行っても、「知立市&ちりゅっぴPR部長」は今後も継続ということで?

そうですね。そういう方向でいます。PR部長としてイベントに参加したのも今回が初めてなので、できるだけこういうイベントに出られるように頑張りたいなって思ってます。

――今日もまだまだ暑いですけど、もう9月に入ったということで、アイドルとして過ごした最後の夏は振り返ってみていかがでしたか?

卒業発表したからっていうのもあるのかもしれないですけど、今までで一番ゆっくりまったりと過ごせたなって。SKE48に入ってから一番まったりと自分の時間を過ごせた夏でした。目まぐるしくはなかったですね。

――そのゆっくりまったりは具体的には何をしていたんですか?

家でごろごろしてました(笑)。日焼けしたくなかったので、あまり外に出ることもなかったですね。海とかに行きたかったんですけど、気付いたら「もう夏終わっちゃったな~」みたいな感じだったので、来年は楽しめたらなって思います。

夏は好きな季節なんですよ、お祭りとか。あ! お祭りに惣田紗莉渚ちゃんと行きました。自分たちで動画を見ながら浴衣を着て、楽しかったですね。

“サマステ”ステージ上での自然と口から出た言葉 (2/3)

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物