橘ケンチ、“日本酒”で復興支援!“醸華町”東広島市西条のガイドブックを作成、配布へ

2019/09/24 16:00 配信

東広島市西条の魅力発信のため立ち上がった橘ケンチ

東広島市西条の魅力発信のため立ち上がった橘ケンチ

EXILEのパフォーマーであり、EXILE THE SECONDのリーダー兼パフォーマーを務める橘ケンチ。一方で、日本酒文化の魅力を伝える活動をライフワークとしており、今年に入っても松本酒造との<守破離橘>、白糸酒造との<橘六五>などコラボレーションを活発に発表している。

そんな橘が今回、酒の街として知られる広島県東広島市西条の街の盛り上げに着手。ガイド小冊子「SAIJO SAKE TOURISM」を発行し、西条の街の魅力を発信する活動に一役買った。同冊子は限定1万部作成され、フリーペーパーとして9月27日に東広島市および西条の関係施設や東京銀座のひろしまブランドショップ「TAU」などで配布を開始する。

ライフワーク“日本酒”で復興支援を

この小冊子「SAIJO SAKE TOURISM」制作プロジェクトは、経済産業省の委託事業。2018年に起こった西日本豪雨被害に対する復興支援プロジェクト『HASHIWATASHI PROJECT』のプロデュース支援事業の一環として進められた。

橘はプロデューサーとして同プロジェクトに参加。ライフワークである“日本酒”をキーワードに、一般公募された中国エリアの企業の中から岡山県・丸本酒造及び広島県・賀茂泉酒造の2酒蔵会社とタッグを組んだ。

プロジェクトがスタートすると、岡山の丸本酒造とは田植えと稲刈をともに行い、無農薬田復活のサポート事業を展開。一方、広島県では賀茂泉酒造など多くの酒造会社が立地する“醸華町(じょうかまち)”・東広島市西条の魅力を再発見すべく、ガイド小冊子を介してPRを担うことを決めた。

橘ケンチ「この1冊は日本酒だけのものにはしたくなかった」その心は? (2/2)

【ガイド小冊子『SAIJO SAKE TOURISM』】
東広島市の酒蔵や西条の街の魅力を紹介したガイド小冊子
配布開始日:2019年9月27日(金)
配布場所:西条酒造協会(東広島市)及び関係施設/ひろしまブランドショップTAU(東京都)/LDH kitchen IZAKAYA AOBADAI(東京都)
配布部数:限定10,000部(フリーペーパー)
ラベル・ステッカー配布場所:西条酒造協会所属の各8蔵(数量限定)
※小冊子の配布部数、ラベル・ステッカーの枚数には限りがあります
※『酒まつり』及びイベント開催中は対応ができない場合があります
※配布場所等は場合により変更になる可能性があります

【LDH kitchen IZAKAYA AOBADAI『西条酒蔵フェア』】
橘ケンチ監修による注目の新店舗にて、東広島市西条の酒蔵フェアを開催する。
期間:日本酒の日10月1日(火)~『酒まつり2019』閉幕の翌10月14日(月祝)
実施店舗:LDH kitchen IZAKAYA AOBADAI
住所:東京都目黒区青葉台1- 23-4グランベル青葉台2F 
※実施期間及び取扱銘柄は変更になる場合があります

【『酒まつり2019』】
小冊子『SAIJO SAKE TOURISM』でフォーカスした東広島市を舞台に
2日間でおおよそ25万人近いお客さんが集まる日本酒界の一大イベント。
開催日:2019年10月12日(土)及び10月13日(日)
会場:JR西条駅周辺
主管:2019酒まつり実行委員会
主催:公益社団法人東広島市観光協会

キーワード

関連人物