「いじめられた子どもたちが“逃げっぱなし”にならないように」ライセンス藤原、いじめ体験を基に絵本制作を進行中<インタビュー>

2019/09/26 18:30 配信

自身のいじめ体験を基に、描きおろしの絵本「ゲロはいちゃったよ」を制作中のライセンス・藤原一裕

自身のいじめ体験を基に、描きおろしの絵本「ゲロはいちゃったよ」を制作中のライセンス・藤原一裕

バラエティー番組や劇場で活躍しているお笑いコンビ・ライセンス藤原一裕が、“いじめ”をテーマにした自身初の描きおろし絵本「ゲロはいちゃったよ」の出版に向けて、クラウドファンディングを開設。 広く支援を募っている。

現在クラウドファンディングの支援は成立しているが、より多くの支援を募り、「今“いじめ”を受けている人たちのために」と制作に意欲を燃やす藤原に、ザテレビジョンではインタビューを敢行。絵本に込めた、実体験に基づく“いじめ”問題についての持論や、クラウドファンディングの現状、さらには、 お笑いコンビ・ ライセンスの今後の展望などについて、語ってもらった。

自分の人生の中の大きな出来事を考えたら、その一つに、いじめがあったんです

ライセンス・藤原一裕の描きおろし絵本「ゲロはいちゃったよ」メインビジュアル

ライセンス・藤原一裕の描きおろし絵本「ゲロはいちゃったよ」メインビジュアル

――まず、絵本を描こうと思い立ったきっかけを教えてください。

藤原一裕:知り合いに「藤原には絵本のイメージがないから、描いてみたら?」と言われて。「確かにそんなイメージはないやろうけど、そんなのできるかな」って言うてたんですけど、まぁ、とりあえずやってみようと思って、まずストーリーを考えだしたのが最初ですね。

――絵本のストーリーを考えるのは、お笑いのネタを考えるのに近い作業なんでしょうか?

藤原:う~ん、今回に関して言えば、ストーリーに笑いの要素はないんですけど、自分の実体験を振り返って作ってますし、近いと言えば近いのかな。

――今回の「ゲロはいちゃったよ」は、“いじめ”をテーマにした物語。このテーマを選んだのはなぜでしょう?

藤原:自分の実体験から作った方が書きやすいかなと思ったときに、自分の人生の中のフックというか、何か大きな出来事を考えたら、その一つにいじめがあったんですね。とはいうても、自分が受けたいじめ体験をそのまま書いても仕方ないので、全然違うストーリーを創作しました。

この絵本によって、この世からいじめをなくそうなんてことは、もちろん考えてないですよ。そんなこと無理やと思うし。ただ、いじめられた人間が逃げっぱなしにならないように…という思いは込めたつもりです。

ライセンス藤原の“いじめ論” (2/6)

■ライセンス藤原一裕「絵本『ゲロはいちゃったよ』を出版したい」
https://silkhat.yoshimoto.co.jp/projects/834

 
▼ライセンス藤原一裕 Instagram
@fjwrkzhr

関連人物