戸田恵梨香演じる15歳の喜美子が登場!「ブレずに演じていきたいと思っています」<スカーレット」>

2019/10/10 08:15 配信

ドラマ

連続テレビ小説「スカーレット」でヒロイン・喜美子を演じている戸田恵梨香

連続テレビ小説「スカーレット」でヒロイン・喜美子を演じている戸田恵梨香

9月30日にスタートした第101作の連続テレビ小説「スカーレット」(毎週月曜~土曜朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で、主演を務めている戸田恵梨香

戸田が演じるヒロインの川原喜美子は、のちに男性ばかりの陶芸の世界に飛び込み、女性陶芸家を目指していく。

現在放送中の第1週では、子役の川島夕空演じる幼き日の喜美子が、お調子者の父親(北村一輝)が作った借金のせいで貧乏生活を強いられている家族を支えながら、明るく元気に過ごす姿が描かれている。そして、戸田が登場するのは、第2週の後半。15歳に成長した喜美子として、川島からバトンを受け取る。

クランクインしてから5カ月を迎えた戸田に、ヒロインを演じて実感したことや、現場でのエピソードなどを聞いた。

経験したのちに自分がどう変化して、どう進化しているのか知りたい

――まずは、“朝ドラ”のヒロイン役を引き受けた理由を教えていただけますか?

女優としてのキャリアがどうなるかを知りたくて、お引き受けすることにしました。約10カ月間、同じ人物を演じられることはなかなかないですから、経験したのちに自分がどう変化して、どう進化しているのか知りたいと思いました。

クランクインから5カ月経ちましたが、全く飽きず、どんどん役を好きになり、そして、それぞれに流派の異なる皆さんのお芝居に刺激を受けています。

――演じる喜美子は、どんな女の子ですか?

喜美子は周囲の人を笑顔にする底なしの明るさがあり、とても愛情深い人です。それと同時に疑問を持ったことは徹底的に追求し、何事も諦めないところもある。そういうところに魅力を感じる女の子です。

――後々、陶芸家を目指すため、戸田さんも約3カ月間、陶芸の稽古に励んだそうですが、どんなところに魅力を感じましたか?

力の入れ方一つで表情が変わるところに、とても魅力を感じました。しかし、土を練るのに相当体力が必要で、男の仕事と言われる理由が分かりました。

先生が練っている土を私が練ろうとすると、力も体重も足りなくて、できないんです。そういう時は水を加えて練りましたが、本当に大変でした。そのため、女性陶芸家が少なく、撮影で私の手の差し替えをできる方が見つからなかったので、作陶シーンも全部自分でやってくださいと言われた時は度肝を抜かれました(笑)。

成長した幼なじみも登場! 今後の見どころは? (2/2)

連続テレビ小説「スカーレット」
9月30日スタート
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
脚本=水橋文美江
音楽=冬野ユミ
制作統括=内田ゆき
プロデューサー=長谷知記
演出=中島由貴、佐藤譲、鈴木航ほか

◆2019年 秋ドラマをラインアップ!◆

関連番組

関連人物