神宿、5周年記念ワンマンライブ開催!「何年たっても、私たち神宿を愛してくれたらうれしい」

2019/10/01 18:19 配信

原宿発アイドルグループ・神宿が9月29日、千葉・幕張メッセで結成5周年記念ワンマンライブ「神が宿る場所~君が君らしくあればいいのさ~」を開催した。

新体制になってから、ちょうど5カ月での幕張メッセワンマン開催となった神宿

新体制になってから、ちょうど5カ月での幕張メッセワンマン開催となった神宿

新体制発足から5カ月での幕張メッセワンマン

2014年9月の結成以降、不動の5人で活動してきた神宿。だが、2019年1月に緑担当・関口なほが勇退し、4月29日に新メンバー・塩見きらが加入。新体制になってから、ちょうど5カ月での幕張メッセワンマン開催となった。

この日のイベントは、幕張メッセ国際展示場のホール7とホール8を使用。ホール7は物販及び特典会スペース、そして各種協賛企業の出展ブースとして展開された。

5年間の軌跡をまとめた年表や等身大パネル、メンバーののぼりなどの撮影スポットが用意され、ライブの時間だけでなく朝早くから終演後まで多くのファンでにぎわい、5周年記念ライブに彩りを添えていた。

一ノ瀬みかのアカペラ独唱から始まる、「はじまりの合図」でライブはスタートした

一ノ瀬みかのアカペラ独唱から始まる、「はじまりの合図」でライブはスタートした

「はじまりの合図」SPバーションで開幕!

ホール8のステージは、センター及び左右に用意された巨大なLEDモニター、花道とセンターステージの構成。

オープニングのムービーに合わせてメンバーが1人1人紹介され、一ノ瀬みかのアカペラ独唱から始まる「はじまりの合図」でライブはスタート。

この日のみのスペシャルバーションによる楽曲で客席のボルテージを上げると、カラオケ「ビッグエコー」のキャンペーンソングとしてもおなじみの「CONVERSATION FANCY」を歌唱。

そして「Life is やっぱ Beautiful!」ではセンターステージに繰り出し、手持ちのカメラでメンバーやファンたちを巨大モニターに映し出す演出も。

自己紹介を挟んで、「Action!」「ビ・ビ・ビ・(※最後の・は白抜きハート)」「Ultra Cheer」の3曲を歌い終えると、メンバーがステージからはけていく。

ここで5周年の振り返りムービーが流れ、その間にメンバーは衣装チェンジ。センターステージに塩見が登場し、「好きといわせてもらってもいいですか?」を歌い出す。

これは新メンバーオーディション時の塩見の課題曲で、最終選考ライブとなった4月の東京・豊洲PITで、まだ候補生だったときに歌った思い出の1曲。

ここからは、メンバーそれぞれの思い入れの1曲パートへ。「全身全霊ラプソディ」は一ノ瀬の思い出の1曲。「今まで、こういう曲調、こういう声で歌ったことがなくて新しい自分を見つけられた」曲だという。

羽島めいの思い出の曲は「星空帰り道」。神宿はツアーの多いアイドルだが、「地方に行くたびに、その地方のファンの方が会いに来てくれるので、そこに『帰ってきた』感覚になる」「神宿がみんなの“帰る場所”になればいい」と語る羽島めいが、それを最も感じられる曲が「星空帰り道」だという。

羽島みきが選んだのは「ほめろ!」で、「頼りないリーダーなんですけど、失敗しても舁夫さん(神宿ファン)は笑顔で笑ってくれるし、メンバーにもちょっとは怒られるけど優しく受け入れてくれる。『ほめろ!』は自分に合った曲」と話す。

そして、最後に小山ひなが「グリズリーに襲われたら・(※・は白抜きハート)」をチョイス。理由は「くまと一緒に歌いたかった」からとのことで、同曲のMVにも出てきたグリズリーがステージに登場し、ファンを沸かせた。

大盛り上がりのライブも終盤へ (2/4)

【神宿公式HP】https://kmyd.targma.jp
【神宿公式Twitter】@kamiyado0907

◆アイドルたちの最新情報はこちら!↓↓◆

関連人物