結成8年目に突入!たこやきレインボー「ライブにでっかい恐竜を登場させたい!」<インタビュー>

2019/10/23 07:30 配信

音楽

5thシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」をリリースするたこやきレインボー

5thシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」をリリースするたこやきレインボー

関西在住の5人組アイドルグループ・たこやきレインボーが10月23日(水)に5thシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」をリリースする。デビュー当時から楽曲制作に関わってきた前山田健一が、作詞・作曲・プロデュースを手がけ、スマートフォンやSNSを当たり前に使いこなす“デジタルネイティブ世代”にピッタリの楽曲に仕上がっている。

2年ぶりのシングルについて、そして今年9月に結成7周年を迎え、8年目に突入した今のグループの状況について、メンバーの清井咲希堀くるみ根岸可蓮春名真依彩木咲良が語った。

5thシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」をリリースするたこやきレインボー

5thシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」をリリースするたこやきレインボー

「歌詞の内容はメッセージ性が強い」

――2年ぶりのシングル「もっともっともっと話そうよ-Digital Native Generation-」が完成しましたね。

春名:はい。サブタイトルの“Digital Native Generation”って、ちょうど私たちの世代に当たるんですよね。最近、直接会話をするよりもスマホで話す機会の方が増えていると感じていたので、この曲の歌詞にすごく共感して、まさに「もっともっともっといろんな人と話そう」と思いました。

根岸:私たちの世代は小さい頃からインターネットを使ってるので、上の世代と比べると人と会って話す回数が減ったと思うんです。スマホとかLINEで会話するのも便利でいいと思いますけど、もっと気持ちを伝えるには会って話した方がいいなって、この曲を通じて感じました。

清井:歌詞の内容はメッセージ性が強いんですけど、サウンドとメロディーは明るくて、曲中に「Talk! Talk! Talk!」ってお客さんと一緒に盛り上がれる部分があるので、早くライブでこの曲を歌って、一緒に歌ったり踊ったりしたいなと思いました。

堀:さき(清井)も言ってたように、曲自体はキャッチーで明るいので、メッセージ性の強いストレートな歌詞とのギャップがいい感じだなって。最初のセリフの部分に関西弁が入っているので、ちょっと柔らかい雰囲気になっているのも気に入ってます。

MVでは「普段は絶対にしないような表情を…」 (2/4)

たこやきレインボー
5thシングル「もっともっともっと話そうよ―Digital Native Generation―」
10月23日(水)発売




関連人物