綾野剛、東京の楽園“新宿”での撮影に苦い思い出「激しい街ですよ(笑)」

2019/10/09 15:43 配信

映画

映画「楽園」のイベントに登壇した吉田修一、佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督(写真左から)

映画「楽園」のイベントに登壇した吉田修一、佐藤浩市、綾野剛、瀬々敬久監督(写真左から)

ベストセラー作家・吉田修一の新たな最高傑作「犯罪小説集」(角川文庫)が、瀬々敬久監督により「楽園」として映画化、10月18日(金)に全国公開される。

公開を記念して、主演の綾野剛佐藤浩市、瀬々監督、そして原作者の吉田が、10月8日に東京・紀伊国屋書店新宿本店で行われた「『楽園』まもなく公開!スペシャルイベントin新宿」に登壇した。

綾野、佐藤、瀬々監督、吉田がサプライズで姿を現すと街行く人は足を止め、大歓声が沸き起こる中、イベントはスタート。

MCより本作のタイトル「楽園」にからめ、東京の楽園“新宿”のど真ん中でのイベント開催となった気持ちを聞かれた綾野は、「とてもうれしいですね、映画と書店が連動して作品を盛り上げるのは良いことですよね。でも新宿が“楽園”ですか?『新宿スワン』の撮影中に一般の人に髪の毛をつかまれた思い出もあり、激しい街ですよ(笑)」と過去の撮影時のエピソードを披露した。

佐藤は「私も書店でのイベントは初めてですけど、日本映画界も一時期は危ない時代がありましたけど、今は書籍の方も大変な時期を迎えている中で、お互いが手を取って、何か一つでも身になれば良いなと思います。新宿に関しては、夜の歌舞伎町の撮影は本当に大変なんですよ。ここでは話せないエピソードもたくさんあって、そっちの方が印象深いですね」と新宿での撮影にまつわる苦労話に会場からは笑いが。

そして、先日行われたヴェネチア国際映画祭や完成披露試写会、現在も開催中の釜山国際映画祭でも大喝采を浴びている本作への手応えを聞かれた綾野は、「釜山国際映画祭ではレッドカーペットも歩かせていただいて、お客さんのパワーに圧倒されました。あらためて映画は国境を越えるなって実感しました。現地では自分たちのことを知らない人も全力で拍手を送って歓迎してくれている姿に感動しました」と、レッドカーペットを歩いた際の気持ちを述べた。

同じく映画祭に参加していた瀬々監督は「今は日韓が政治的に大変な時期ですが、釜山のお客さんはあたたかく迎えてくれました。そうした意味では映画は国境を越えると思いましたし、映画で手と手を取り合えると確信しました。映画の力というのは本当に素晴らしいなとも思いましたね」とコメントした。

吉田修一「今まで感じたことのない気持ちに」 (2/3)

映画「楽園」
10月18(金)公開
出演:綾野剛/杉咲花
   村上虹郎 片岡礼子 黒沢あすか 石橋静河 根岸季衣 柄本明
   佐藤浩市
原作:吉田修一「犯罪小説集」(角川文庫刊)
主題歌:上白石萌音「一縷」(作詞・作曲・プロデュース:野田洋次郎)
監督・脚本:瀬々敬久
公式サイト: rakuen-movie.jp
配給:KADOKAWA
制作プロダクション:角川大映スタジオ
(C)2019「楽園」製作委員会

関連番組

関連人物