羽野晶紀、お嬢様育ちの“ほんわか”女主人役は「品が良くチャーミングに見えるように」<スカーレット>

2019/10/19 08:15 配信

羽野晶紀がお嬢様育ちの荒木さだを演じる!
羽野晶紀がお嬢様育ちの荒木さだを演じる!(C)NHK


戸田恵梨香がヒロインを演じる連続テレビ小説「スカーレット」(朝8:00-8:15ほか、NHK総合ほか)で喜美子(戸田)が働く下宿「荒木荘」の主人・荒木さだを演じる羽野晶紀にインタビューを実施。

同ドラマは、高度成長期時代の滋賀・信楽(しがらき)を舞台に、男性ばかりの世界をがむしゃらな強さと持ち前の明るさで生き抜く女性陶芸家・川原喜美子(戸田)の姿を描く。

第3週(10月14日~10月19日)の放送から喜美子は大阪の下宿「荒木荘」で“女中”として働くこととなる。個性豊かな住人が登場する中、羽野晶紀演じる女性下着のデザイナーであり「荒木荘」の女主人である荒木さだが登場した。

さだは喜美子の親戚にあたり、進歩的な考え方を持つお嬢様育ちでほんわかとした雰囲気の女性。SNSでは「なにあのかわいいしゃべり方!」や「本領発揮という感じでとても良い」との声が上がっていた。

そんなさだを演じる羽野から“朝ドラ”出演への気持ちや、撮影現場の雰囲気などを聞いた。

――今回、出演が決まったときのお気持ちはいかがでしょうか?

“朝ドラ”は毎日欠かさず見ています。朝の時間は子どもたちのお弁当を作って、朝食を食べさせて…とものすごく忙しいので、子どもたちを「いってらっしゃい」と送り出して、ようやく一息ついて“朝ドラ”を見るのが何よりの楽しみなんです。

ですので、出演のお話を頂いた時は夢のようで、台本が届いてからようやくジワジワと実感が湧きました。私が小学生だったときは、母が“朝ドラ”が大好きで、その日のドラマ の内容によっては、母が泣きながら私を見送ることもありました(笑)。小学生の頃の私は「そんなに泣くほど?」と思ってましたけど、今になってはその気持ちがわかるようになりました。

連続テレビ小説「スカーレット」
9月30日スタート
毎週月~土曜朝8:00-8:15ほか
NHK総合ほかで放送
脚本=水橋文美江
音楽=冬野ユミ
制作統括=内田ゆき
プロデューサー=長谷知記
演出=中島由貴、佐藤譲、鈴木航ほか

◆2019年 秋ドラマをラインアップ!◆


関連番組

関連人物